▶ 都市で選ぶ




セブの語学学校

▶ セブの語学学校   詳細

フィリピンの代表的なリゾートエリアであり第三の商業都市でもあるセブ島。日本からですと直行便で4時間30分ほどの距離になり、時差も1時間しか(日本がお昼の12時であればフィリピンは午前11時)ないため、子供から年配の方まで幅広いそうに人気がある都市になっています。

イロイロの語学学校

▶ イロイロの語学学校   詳細

マニラから飛行機で約1時間の場所にある。APECが開催されるという事で他の田舎のエリアに比べると経済発展が著しい。お洒落なSPOTもどんどんできている場所。週末にはアジアでも有数のリゾート地、ボラカイへも気軽に行くことができる。

クラークの語学学校

▶ クラークの語学学校   詳細

クラークは、マニラから車で約2時間ほど離れた場所にある田舎町になります。元々、クラークはアメリカの空軍基地として機能していました。今はフィリピンへ返還されました。クラークの空港はLCC(ローコストキャリア)向けの空港で、タイガーエアー、セブパシフィックなど幾つかのLCCが乗り入れています。日本からの直行便はございませんが、韓国よりアシアナ航空が就航しているということです。

バコロドの語学学校

▶ バコロドの語学学校   詳細

バコロドはマニラから国内線で約1時間、セブ島からは国内線で約30分ほど離れた場所にあるネグロス島最大のエリアです。主要産業は農業で、自然(緑)が多く治安が非常に良い場所です。女性が一人でジョギングをしても問題はないと言われるほど治安が良いです。最近では、アヤラモールもでき、小さなエリアですが、ショッピングモールなどはどんどんでき発展が期待できる都市です。日本人留学生がバコロドへ行きには、マニラ又はセブ島から国内線へ乗り継ぎをする必要があります。

スービックの語学学校

▶ スービックの語学学校   詳細

1996年にはAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議が開かれ、いまやフィリピンの海外への窓口の一つで、アジアで最新の観光地になりました。またアメリカ海軍基地があった場所として、SubicはZambales州のOlongapo市に位置しています。現在は、期待の高いリゾートや工業地帯への転換が進んでいます。Subicは首都マニラ(Manila)から130kmにあり、車で約2時間です。

マニラの語学学校

▶ マニラの語学学校   詳細

フィリピンの首都、マニラ。マニラは首都であるという事から、フィリピンの経済、情報の発信地でもあります。日本からですと直行便で4時間ほどの距離になり、時差も1時間しか(日本がお昼の12時であればフィリピンは午前11時)ないため、子供から年配の方まで幅広いそうに人気がある都市になっています。

バギオの語学学校

▶ バギオの語学学校   詳細

海抜1,520mの高さに位置するという地理的な特性により、夏は暑さを避けて大統領も移動してくるという‘別名・夏の首都’と呼ばれる高原避暑地です。バギオは年間の平均気温が20℃、最高気温も26℃以上には上がらないという過ごしやすい所です。 距離上ではマニラの北部210キロメートルの位置にあり、1年を通して涼しく景色がいいです。バーンハムパークやライトパークなど、多くの名称地があり、フィリピンのウェストポイントであるフィリピン仕官学校があります。

トップページ » 都市で選ぶ

PAGE TOP