さあ、これがフィリピンで2ヶ月間学んだ成果だ!(失敗編)

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

今日は残念な結果のお話です。実話です。このお話は実際にフィリピンで

2ヶ月間英語研修を受講し、マンツーマンレッスンメインのコースを受けられた

生徒様のお話です。ちなみに弊社のお客様ではありません。たまたま

コーヒーショップで聞こえてしまったお話です。

 

 

先日、某語学学校隣にあるカフェでお茶をしていました。そこへ日本人の学生2名が

入ってきました。この時点で、私は思いました。あ~やはり日本人同士で来るんだと。

というのも、その某語学学校は日本人しか生徒様が居ないから仕方がない部分があります。

 

さあ、どんなオーダーをされるのか楽しみに聞いていました。すると、

学生のオーダー:「アイスコーヒー」。え~~~~単語だけ?せめて文章が

言えなくても、pleaseくらいはつけようよ、、、と思いつつも、まあ、引き続き

聞く事に。

 

 

店員さんもアイスコーヒーは知っているのでもちろん、オーダー自体は完了。

しかし問題はここから。フィリピンのカフェはほとんどと言っても良いですが、

そのままでは終わりません。ほぼセールスをしてきます。具体的には

「あと20ペソ追加をすれば1つ上のサイズにできますよ」「50ペソでドーナツを

食べることができますよ」的な内容だ。今回もやはり、言ってきた。

 

 

20ペソの追加で1つ上のサイズへ変更ができると。さあ、このお客様、どのような

答えをするのか。何か生徒同士で話している。何を言っているか分かっていなかった

らしい・・・じゃあ、聞き直せばいいじゃないか?と思いつつも、だまって聞き

続けます。その結果、やはり日本人、答えは「YES」です。

 

さすが、Noとは言えない日本人!!

 

 

まんまとセールスへはまってしまいました。大きなサイズのコーヒーが出てきた

時には、その生徒さん、何だか大きくない?とか言っていますし、お金も高く

とられてない?等言っています。

 

分からなければ聞き返せばいいものを、変に間違った英語を言うと面倒なので

聞き返さなかったのでしょう。そう、これがマンツーマンレッスンの落とし穴。

先生の前では間違った英語は話せるが、人前で話すことができない・・・

 

完全に今のフィリピン留学のデメリットのはまってしまっているパターンです。

 

話の中でこの生徒様達が2ヶ月間すでに受講中であることが判明。その成果が、

これなわけです。正直、日常会話どころか、進歩が全くと言っていいほど感じ

られません。

 

これがマンツーマンレッスンを多く受けた場合の成果です。実は、大切な要素は

他にあります。このストーリーにも何が間違っているのかが出てきています。

 

それを理解して頂かないうちは同じような道を歩いてしまう可能性は大です。

 

ちょっと残念な、でも現実でもあるお話です。

 

SONY DSC

SONY DSC


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » さあ、これがフィリピンで2ヶ月間学んだ成果だ!(失敗編)

PAGE TOP