遠慮しないで欲しい、何か問題があればすぐに相談!これは英語力UPにも通じる!

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

当社では毎週月曜日に新入生の皆様へお会いするオリエンテーションを行っています。

え?学校でもオリエンテーションってやっているんじゃないの?と思われるお客様も

いらっしゃるかもしれませんが、それだけでは物足りません。当社でのオリエンテーションは

リスク・危険を避けるためのオリエンテーションを行っております。これをしっかりと聞いて

頂く事で、フィリピンでは、問題なく過ごしていただけると思います。つまりは危ない目に遭う事は

無くなるという事を指します。

 

また、実際にお会いすることで、安心感も持っていただけると思います。何か問題があれば

現地スタッフもいて直接、相談ができるという安心感ですね。これが実は最も大きいと

思います。フィリピン留学に限らず、所詮、問題は現日到着後にしか起こりません。それを

現地に居る我々は重々承知しております。治安は悪くはないかもしれない。でも、病気や怪我は

いつ起こるか分からないものです。そんな時、学校スタッフが対応してくれるだろうと思っている

うちはまだ甘いですよ。学校スタッフも人間です。休みもある訳です。特に留学生の方が出かけ

られる週末は。そんな時どうするんですかね?

 

結局、本当に突き詰めて考えれば現地に対応する人間がいないと怖いという事になります。

 

その為、当社では必ずお客様と現地でお顔を合わせて安心をして頂いております。

 

そして現地で必ずお客様へお伝えすることがあります。それが表題の内容です。遠慮せずに

何か問題があればすぐに言ってほしいという事です。これ、日本人の方、なかなかできないんですよね。

ある意味では「優しい」という事が言えますが、別の意味では「後からクレームになる」という危険性も

あります。何か問題があっても我慢をすれば乗り越えることができるかもしれません。しかし、結局

我慢をしているので日本へ帰国をした後に、その不満が爆発しクレームとなって出る可能性も

ございます。そうなると大変ややこしくなります。と言いますのも、何も対応ができないためです。正直、

謝ることしかできません。

 

それであれば、問題が起こった時点ですぐに相談をして欲しいのです。相談をして下されば問題の

内容にも寄りますが解決までに要する時間をお伝えすることが可能です。お客様だって、少しは

納得して下さるかもしれません(あと数日待てば解決されるという事が理解して頂けます)。実はこれ、

英語力の向上にも繋がっています。

 

我慢をするという事は思ったことを言えないという事にもなります。英語を学ぶうえで思ったことを

言っていない、つまり黙っているという事はスピーキングの邪魔をしていることになりますし、

授業でも分からない点をうやむやにしていることも予想されます。それでは意味がありません。

 

とにかく分からなければ恥ずかしがらずに「聞く」というのが大切です。我慢をせず、その場で聞く。

その勇気を持つと言いますか、この習慣に慣れるのも留学の1つの面白さかもしれません。

日本とは異なる文化ですよね。

 

IMG_8146


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » 遠慮しないで欲しい、何か問題があればすぐに相談!これは英語力UPにも通じる!

PAGE TOP