留学相談でのご案内に葛藤と言いますか、悩む部分があります。

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

留学相談をしているときに葛藤すると言いますか、悩んでしまう事があります。と言っても

悩んでいる訳でもなく、この仕事をやり続けながら、今後どうやって行くのが良いのかと考えている

という感覚ですね。

 

どのような悩みかと言いますと、「情報の違い」?になるかと思います。当社の場合、セブ島にオフィスがございまして、

現地到着後にお客様へ会う機会というのが非常に多いです。そこで、お客様とお話をしまして、色々な裏の事情

等を聞く事ができます。これって実はものすごく大きいと思っています。普通に学校を見学しているだけでは知りえない

事をお客様から聞く事ができるわけです。

 

先日、こんなことがありました。お客様の希望である語学学校のお手配をさせて頂きました。当然、その学校へ

訪問をしましてお客様とお話をさせて頂きましたが、何と、かなり良くない話が聞こえてきました。

このような内容です。1つは寮なのですが、男女がともにお互いの部屋へ出はいりが容易であること。そして

チェックする人が誰もいないこと。お客様は、自分でその学校を希望し、決められましたので、当社へは

クレームではなく、今後、この学校を希望されるお客様へ、この件を正確に伝えて欲しいという事をおっしゃって

いました。女性が分からしますと怖いですよね。

 

個人的には留学会社の方も知らないでしょう。知っていれば、先ずお客様へお伝えしなくてはいけない

情報になります。そしてこの事情を知ったお客様は、先ず危険を感じて選ぶことはないでしょう(もちろん

全ての客様が選ばないとは限りません)。しかし、現実には恐らく留学会社の方も知らないでしょうし、

お客様も知らないでしょう。そして現地へ到着をして気づくわけです。

 

それを当社では避けようと、このような情報をお伝えします。しかし、お客様は当社だけではなく数社へ

訪問などをして同じ学校の情報を聞くのではないかと思います。そうしますと、この情報を知っている当社

では、正しい情報を伝えることができますが、その情報を知らない留学会社の方は、お伝えしない訳

です。そして、そのお伝えしない情報の数が多くなると、お客様は数が多いほうの情報を信じるように

なると思います。

 

つまり、当社の正しい情報が、実は、正しくない情報となる可能性もある訳です。このようなことを最近は

考えてしまっていますね。

 

現地へ到着をしてから知るというのは、本来であれば、合ってはいけないことです。ましてや、男女のお部屋へ

出入りが自由であるという内容は、かなり深刻な問題でもあるじゃないですか。親が知ったら、恐らく反対するでしょう。

 

当社では、正しい情報(当社が知っている情報)は、正直にお伝えするようにという事で、このスタンスは

続けていきますが、ちょっと悩んでしまっている部分もあるという事は言えますね・・・

 

3人部屋 (2)


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » 留学相談でのご案内に葛藤と言いますか、悩む部分があります。

PAGE TOP