年明けからイラッとする日本人経営の某語学学校の対応

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

新年が明けまして今日は1月4日(月)、本日より仕事スタートという方も

多いのではないでしょうか。当社も本日より仕事がスタートしています。

といっても正直、12月31日も仕事をしていましたし、1月1日・2日も仕事を

していましたので、あまり関係ないですね(笑)。そして何故、12月31日や

1月1日に仕事をしていたかと言いますと、ちょっと残念なことがあったんです。

 

学校名前は言えませんが、日本人経営の某語学学校の対応がもの凄く

残念だったんです。日本人経営の語学学校は、おおよそどの学校も

キャッチコピーは似ておりまして「安心・安全」という言葉を使われます。残念ですが、

この「安心・安全」とは全くかけ離れた対応をしてくださいました。

 

あるお客様が入学を希望されておりまして(その学校指定でした)、当然、入学申請を

行う訳です。ただこのお客様の場合、通常のコースとは異なりイレギュラーなコースを

希望されておりました。その為、料金の方を当然ですが学校へ確認を行いました。

翌日には、学校より回答が届きまして、お客様への祖金額をお伝えし、無事、お申し込みを

頂く運びとなりました。ここまでは全く問題がありません。

 

しかしここから事件が起こるんです。入学申請をしても全く書類が送られてきません。

年末年始も近いという事、そしてお客様げセブへ来られる時間も近いという事で、

何としてでも年明け前には処理をしなくてはいけません。その為、学校とも密に連絡を取り

手続きを踏む必要がありました。しかし、待てど待てど書類が届かない。こちら側は毎日

学校へ、書類発行の状況はどうなっているのか確認をしています。それでも回答なし・・・

 

何だこの学校は・・・という思いもどんどん大きくなってきます。そして12月31日ですね。

事件が起こりました。学校からメールが届いたんです。「あの料金違いました」。

え???何故今更。。。。既に何度もメールで状況確認をしているのに、12月31日の

日にしかも料金が違うと。。。。当然お客さまだって、お休みに入っている訳です。もちろん、

当社も普通であればお休みですよ。しかし、そんなのはお構いなしにメールをしてくる

この学校の対応は・・・・

 

既にお客様は翌日よりセブへ到着するわけです。しかし料金が違う・・・なぜもっと前に

言わなかったのだろうか、、、ともの凄い憤りが出るわけです。

 

時間も時間でしたので、学校側へお客様と直接、事情についてお話をして頂くよう

お伝えしました。そして時間が少し経過したのち(学校側とのお話が終わった後に)

お客様よりメールがありました。学校は、料金が違うという事で今回は、新しい料金を

提示され、この料金でなければ受入ができないと言われた・・・という事でした。

 

???何を言っているのだろうか。我々にはメールを無視し、12月31日に間違いメールを

送ってきて、あげくにはお客様には受け入れができない(すでに到着しているにも拘らず・・・)。

電話で怒ってしまいましたよ。

 

この日本人経営の学校は、人気の学校ではありますが、実際の中身はこんなおんかと・・・

思ってしまいましたね。実は以前にも同じような問題があったんです。その前にも、もっと

深刻な問題があったんです。

 

ちょっと、年明け早々、余り良い気分で仕事はできていません。。。でも、解決策を探り、

頑張っていこうと思います。

 

255


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » 年明けからイラッとする日本人経営の某語学学校の対応

PAGE TOP