cebupot(セブ島のフリーペーパー誌)に留学生からのアンケート結果が出ていました。

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

セブ島には情報誌が何誌かございます。その中で最も有名なのが

cebupotになります。そのcebupotの最新版に留学生のアンケート結果が

出ていました。

 

面白かったのは「NG」の箇所ですね。そのNo1に「日本人同士で日本語ばかりを

使っていた」というのがありました。これは真実ですね。今のセブ島留学は多くの

語学学校がございます。その語学学校選びに失敗をしますと、留学生の多くが

日本人学生ばかりとなり、自然と学校内でも日本語を使う機会というのが多くなります。

結果、英語力は伸びません。

 

この点は、これからのフィリピン留学の課題であり、フィリピンへ来られるお客様も学校選び

として真剣に考えなくてはいけない要素の1つになります。

 

問題点は、日本の英語教育の問題にあります。従来の日本での英語教育は、文法をメイン

で学んだり、リーディングであったり、ライティングであったり、スピーキングやリスニングを

英語を行うレッスンはありませんでした。その為、センター試験でもそうですが英語を話す

テストというのはありません。大学受験もそうですね。私立大学のテストでも英語を話すという

試験はありません。つまり、その試験に対応するために、文法やリーディング、ライティングなどを

メインで勉強するスタイルが基本でした。

 

しかし、英語を身につける為の方法から考えた場合、この勉強スタイルは全くの逆の方向へ

向かっています。日本語もそうですが、我々は日本語(国語)はもちろん小学校から勉強をして

きましたが、小学校入学前には、ある程度、話せるレベルにありました。つまりは、勉強する前に

話すことができていると言えます。何故かと言いますと、生まれてから常に日本語漬けの環境

で生活をしてきたからです。朝起きて夜寝るまでの間、常に日本語のテレビを見たり、日本人の

友達と日本語で話したり、食事中も日本語であったりと常に日本語漬けの環境に自分の身を

置いてきた結果、日本語は自然と話せるようになったと言えます。つまり大切なのは、

日本語を聞く・話すという事を聞き続けてきたからという事が言えます。しかし英語の授業では

何故か、この大切な要素は無視され、逆に必要ない文法、リーディング、ライティングにフォーカス

をしてきました。

 

だからこそ、テストでは良い点数が取れますが英語を話すことができません。

 

この習慣が身についてしまっている為、語学学校選びも基本的に海外の学校で学べば一緒

だろうという考えが当たり前になった結果、現地到着後に日本語ばかり使っていた、だから

英語が伸びなかったという事でNGのNo1になったのだと思います。現地到着後に初めて、

何が大切なのかという事を気付くのです。

 

しかし、これでは遅いです。留学には時間もお金も費やします。結果として英語力が身につかなければ

意味が無い留学になってしまいます。

 

その為、今後は学校選びというのも、しっかりと英語を身につける為の方法から考えなくてはいけない

と思います。そうすることで自ずと学校は絞り込みができるようになります。

 

当社では、以前より英語力を伸ばすための方法より学校に関するアドバイスをさせて

頂いております。是非、一度、当社へお問い合わせを頂ければと思います。

 

WELTS-OUTLOOKS-24


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » cebupot(セブ島のフリーペーパー誌)に留学生からのアンケート結果が出ていました。

PAGE TOP