フィリピン留学で成功する人は考える・感じる!失敗する人は流される!

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

真面目なお話で今のフィリピン留学の現状でもありますので、皆様へ是非、

読んで頂きたいと思っております。今のフィリピン留学、と言っても地域で

言いますとセブ島での留学になりますが、失敗組みが多くなっています。

失敗組は何かといいますと、英語力が伸びずに帰国をされるというお客様です。

 

実際にセブ島に住んで、多くの留学生を見ておりますと、留学生が成功する・失敗する

というのは大きく2つの人間に分けることができると感じました。

成功する人:考えられる、感じられる、変えられる。(勇気がある)

失敗する人:考えられない、感じられない、変えられない。(流される)

 

という2パターンです。丁度、昨日のお話になります。ある日本人経営の語学学校へ

通われていた女性のお客様が、転校をしたいという事で現地で学校見学に

お越しになられました。その際に、理由を聞きました。何故、転校を考えているのか?

答えはこうでした。今の学校は正直、日本人ばかりで日本語ばかりを使ってしまう。

そして、既に2ヶ絵gつ間経過しているが英語の伸びを全く感じない。自分は本当に

英語力を伸ばすためにフィリピンへ来たので、転校をして、しっかりと勉強をしたい。

というのが理由でした。

 

このお客様の場合、勇気がある行動をされています。つまり自分で、今の学校に居ても

英語は伸びないという事を自分で感じ、考え、その上で転校するという行動をとられ

ました。その学校には、多くの学生さんがいらっしゃいますが、祐樹を持って行動した彼女は

成功すると言えるでしょう。

 

残念ですが、その他の方は、その学校の状況を考えてみますと、英語が伸びるという事は

中々考えにくいのです。その理由は、英語は授業を受けていれば伸びるという訳では

ないからです。彼女はそれにも気づいていました。とにかく英語を話さないと伸びないと感じ

ました。自分の口から出た言葉です。

 

だからこそ、日本人が少なくて、英語を使える機会のある英語オンリーのルールが有る

学校を選びたいという事で見学へ来られました。

 

これが今のフィリピン留学の現状です。たくさん学校があって学校選びに迷われるという

お客様が多いのは理解はできます。しかし、ほとんどが英語を伸ばすための方法をご存知

ではないという事が言えます。お客様のせいではないですよ。これは日本の教育システム

の問題でもありますし、留学会社側の説明をしない問題でもあると思います。

 

この方法論さえ知ってしまえば学校選びにも迷いませんし、初めから、このお客様が感じた

ように、英語を話せる環境を用意している学校を選ぶようになります。

 

時間だけは世界中の皆さんが平等に持てるものですし、お金も安くはありません。

その意味で、しっかりと先ずは英語を身につける為の方法論、それを頭に入れましょう。

 

WELTS-OUTLOOKS-24


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » フィリピン留学で成功する人は考える・感じる!失敗する人は流される!

PAGE TOP