インターナショナルスクールでのボランティア体験@セブ島

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

新しいプログラムのご紹介です。セブ島にあるインターナショナルスクール(幼稚園)

で英語を使ったボランティア(幼稚園ボランティア)の手配が可能です。このプログラムは

当社が初めてではないかと思います。

 

どのような方に向いているかと言いますと、先ずはお子様が好きな方ですね。これが

最も大切になります。現地のインター(幼稚園)には、2歳から5歳までのお子様が在籍

されています。国籍もバランスが良く、フィリピン人、日本人、韓国人、台湾人、ネイティブの

方など豊富です。授業は全て英語で行われます。

 

もちろん、当プログラムへご参加をして頂く際には、英語を使って頂きます。

 

語学学校で学んだ英語を実際に、外で使ってみるというのは本当に必要なことで

あり、大切だと思います。今現在の英語力を自分自身で感じることができます。

セブ島で幼稚園(インターナショナルスクール)ボランティア

 

また昨日は、子供の科学の発表会があり参加してきました。いや~驚きました。

小学校5年生の科学の発表なのですが、まあ、どんな内容なのか、さっぱりと

分かりません。かなり難しい内容を英語でされています。子供の成長を見た気がしました。

 

やはり子供は英語を話すのが早いですね。2番目の子供も4歳ですが、やはり英語は

堪能ですし、日本語よりも英語の方が楽なように感じです。英語って実は、難しくは

無いという事が言えます。難しくはないのですが、やはりその学ぶポイントですね。

こちらを知らないと、なかなか英語は伸びないという事が言えます。

 

子供たちってマンツーマンレッスンを受けていない訳ですよ。でも話すことができます。

何故か?それは学校の中にいる時間は全て英語だからです。完全に英語。非常に

シンプルですよね。初めは当然、英語は分かりませんので、ちんぷんかんぷんです。

いじめられたりもしますよ。でも、それに耐えて、人が話す英語をまねて使う事で、

どんどん伸びていきます。

 

うちの子供はみんな、それで伸びましたね。私も言ってしまえば同じです。英語を話す方の

英語をまねて使う。それを繰り返します。もちろんセブ島に住んでいますので、会話は英語

という機会が多いです。英語漬けになれる時間は多いというのもプラスでしょう。

 

英語って、このように学んでいくのだという事を改めて実感しました。文法?そんなの勉強を

しなくても良い訳ですよ。文法を勉強しますと、頭の中で英語を組み立てるようになり、

スピーキングとなって口から出てくるまでにも時間が生じます。文法は学ばなくても良いと

考えます。あとから自然と文法は身につきますよ。

 

220

 


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » インターナショナルスクールでのボランティア体験@セブ島

PAGE TOP