結局、フィリピン留学人気になるのは良いが・・・金だよな。

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

フィリピン留学に限らず、留学は何産業なんだろうか?サービス産業ですかね?

サービスであれば運営する側(語学学校や留学会社)は金儲けの為に、どんどん

セールスをする方向に力を入れればいいと思います。極端に言えば、お客様の

条件などは無視するような感じですね。

 

でもこれって、実際にはこの業界には不適切だと思います。むしろ、有ってはいけない

事だと思うんです。であればこの業界は「教育産業」であると思います。先ずは、お客様の

教育、つまり英語力を伸ばすためのアドバイスであったり、どの学校であれば英語が伸びるのか、

等をしっかりと説明をしていく。これが教育産業の在り方であると思います。

 

しかし、現実には違うんですよね・・・・先日、ミーティングをしておりまして、その際に出た

話ですが、ポータルサイト的なものを作っているという事でした。収入は、語学学校等からの

広告費用などが収入になるという事。その為の取材なども行っているという事でした。

アイディアとしては良いと思いますが、これは完全に「サービス産業」になると思います。

全ての学校を比較せず、あくまでも広告費用を出してくださる学校を推奨するような形の

サイトになります。

 

これはお客様にとって、幸か不幸か。個人的には不幸かなと思っています。だって、

比較をすることができない訳です。全ての学校を徹底取材し、徹底比較をすることで

フェアな形になり、お客様の満足度に繋がると思いますが、あくまでも広告費用を支払う

学校のみという事で、これはアンフェアになると思います。

 

また先日、このような質問を留学会社の方より頂きました。「口コミってどう思いますか?」

という事です。私の答えは凄く簡単で、「口コミは良いと思いますが、100%正しくはないですし、

むしろ90%は間違いに近いと思います」という回答です。その理由も簡単で、留学は、食べ物

とは異なり、リピートすることが難しいです。つまり色々な学校へ留学をし、比較をすることが

難しいという事です。

 

比較をせず、どのようにして評価を出すことができるのでしょうか?というのが私の結論です。

比較をせず、この学校は良かったと言っても、信ぴょう性がありません。だって比較をしていないので

本当に良いのかどうか分からない為です。比較をして初めて、良かった・実はあまり良くなかった

という評価を出すことができると思っています。

 

結局、セールスが上手なのはいいことですし、お金も儲ける事もできるかもしれません。

しかし、内容としては教育ではなく、サービス産業であると思います。

 

cpils


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » 結局、フィリピン留学人気になるのは良いが・・・金だよな。

PAGE TOP