学習塾や予備校ってどんな場所?から考えるフィリピンでの学校選び

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

学校選びに関して迷われるお客様が非常に多いと思います。しかし、どう考えていけば

学校選びにも迷いが生じないか、それを別の角度から考えてみたいと思います。

 

本日は「学習塾や予備校ってどんな場所?から考えるフィリピンでの学校選び」になります。

さて、皆さんは大学受験を経験されていますか?もし、経験されている方は、塾に通った

経験もあるのではないでしょうか?

 

私の予備校という場所に通っていました。その為、学校選びに関しても、この予備校で過ごした

生活から考えると、とてもイメージしやすいです。予備校(塾)はどんな場所かと言いますと、

「学ぶ場所」になると思います。先生が教えてくれるわけじゃないですか。これは語学学校も一緒

です。語学学校も「学ぶ場所」なんです。決して「英語を伸ばす場所」ではないという事です。

 

この予備校ですが、授業を受けて、「はい終わり」という事は無いと思います。授業を受ければ、

その後、完璧に覚えており、グングン成績が上がるという事は無いと思います。では、どうすることで

成績が上がるかと言いますと「復習」です。授業で学んだことを家に帰り又は自習室で「復習」

することによって、自分のものとなり、結果、成績が上がると思います。復習をしなかったという方は

まずいないのではないかと思います。

 

そう、つまり、より大切なのは「復習」という事が言えます。

 

英語も一緒です。授業は「学ぶ場所」であり「英語を伸ばす場所」ではないという事、そして、

「復習」が大切であるという事が言えます。では、いつ復習するのでしょうか?授業中に復習

をする方はいないと思います。つまり、授業が終わった後に復習をする訳です。つまり、実は

学校選びで重要なポイントは「復習」がしっかりとできる学校であるという事が言えます。

 

そしてここからが更に重要です。塾で英語を学んだ方はほとんどではないかと思いますが、

復習をしてテストではいい結果を出せた方も多いと思いますが、話せるようになりましたか?

という事です。ほとんどの方が話せるようになっていません。つまり、英語に関しては、復習の方法

を考え直す必要があるという事が言えます。

 

机に向かって、バリバリ勉強をしていても話せるようにはならないという事です。では、英語はどのように

復習をするのか?という事ですが、これは正直、スピーキングをして復習をするのがベストです。つまり

学んだことを1つでも2つでもいいので、実際にスピーキングをして復習をするという事です。

 

では、スピーキングができる環境の学校を選ぶべきであるという事が言えますが、どの学校であれば

授業以外の時間に英語でスピーキングをして復習ができるのか?という事になります。

 

簡単です。2つだけです。

1、日本人が少ない

2、学校内は英語を話すというEnglish Onlyのルールが有る学校

 

この2つが大きなポイントです。この2つの条件を満たす学校は何処か?という点を探せば

自然と学校の絞り込みはできると思います。

 

どうですか?とてもシンプルであると思いますし、これは過去の経験から考えても

納得して頂けるのではないかと思います。

 

WELTS-OUTLOOKS-24


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » 学習塾や予備校ってどんな場所?から考えるフィリピンでの学校選び

PAGE TOP