セブ島でのボランティアについて考えてみた

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

夏休み時期がスタートという事で、これから多くの留学生がセブ島へ来られるんでしょうね。

さあ、その夏休み、当然ですが大学生が多くなります。その大学生ですが、結構、ボランティア

活動へ興味をお持ち頂いている方が多いんです。

 

そこで、セブ島でのボランティアについて考えてみました。セブ島では様々なボランティア活動が

可能なんですよね。孤児院へ行ってみたり、マングローブ植林をしてみたり、ゴミ山と呼ばれている

場所へ行ってみたりと。。。。本当に数が多いです。そして参加される学生様は、参加費用をお支払い

頂くのですが、これがいわゆるボランティア施設への寄付金などとなります。寄付金が無ければ

子供たちをケアすることもできませんからね。

 

ボランティアだから無料でしょう??というのは、ここで理解をして頂けますと助かります。

貧しい子供たちをケアするには継続が必要になります。継続してケアをしていくためには

スタッフも抱えなくてはいけませんし、何かしら用意をす無くてもいけません。つまり、お金が

かかるんですよね。それを皆様からの寄付金で補っているのが現状です。

 

そして内容で考えていきましょう。個人的な結論ですが、セブ島でのボランティアは、

お陰様で人気となり、それなりの寄付金というのは集まっていると思います。子供たちも

寄付金がしっかりと使われているのであれば、良くなっていくと思います。つまり

セブ島でのボランティアはこのまま回っていけば、ある程度の支援は行き届くような状況

ではないかと思っています。もちろん、今後も継続が必要ですよ。

 

問題は離島ですよ。セブ島位だけ貧しい子供たちがいるわけではないんですよね。

正直、セブ島であれば、留学生も多く寄付金も集まりやすいんです。でも、離島の子供たちは

どうなのと・・・・寄付金さへ全然届かない状況です。貧しい子供たちの中にもギャップという

のが生まれてきているんですよ。

 

私は、離島の子供たちへの支援が今後は必要になると思いますし、実際にボランティアへ

お越しになられる皆様へも考えて頂きたい問題であると思います。ボランティアもそうですが

自己満足ではなく、当然ですが、相手の事を考えたうえでの参加であると思っています。

それであれば、支援が行き届いていない離島でのボランティア、こちらを今後は考えて頂きたい

と思っています。

 

当社では離島でのボランティア活動のお手配を行っております。いつでもお気軽に

お問い合わせくださいませ!

 

IMG20151230123903


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じた情報を公開 » セブ島でのボランティアについて考えてみた

PAGE TOP