2020年大学入試の内容が変更になる!?

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

オリンピックを境に日本はどう変化していくのでしょうか?変化の1つの英語があるようです。

それも当然だと思います。日本国内だけでは企業がお金を稼ぐことが難しくなり、どんどん

海外へ進出をしなくてはいけません(企業繁栄の為)。そこで必要となるスキルの1つに「英語」

が出てくるわけです。

 

以下の記事ご覧ください。2020年より大学入試で英語試験の内容が変更となる記事が掲載

されています。今までにはない「会話」を取り入れた入試がスタートするようです。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31H88_R30C16A8CR8000/

 

どのように採点をするかは分かりませんが、1つ言えることは「会話」を学ぶには今までの

日本での英語の勉強方法を変える必要が根本になるという事です。はて、会話を教えることが

出来る先生はいるのだろうか、、、、と考えてしまう。

 

そして、これはフィリピンの留学にも言えるのだが、せっかく留学へ来ても日本人同士で固まって

日本語を話していれば英語は伸びない。。。何故ならば言葉は机に向かって勉強をするもの

ではなく、話す時間に比例をして伸びるからです。しかし、今までの日本での勉強スタイルがとにかく

机に向かって勉強をするスタイルを取っているので、机で勉強をする時間に比例をして勘違いを

してしまっている。。。。この点も変えていく必要があります。

 

英語はレッスンというよりも楽しく会話をしながら学ぶ方が伸びるのです。

 

この仕組みをどう取り入れていくのか本当に楽しみにです。4年後に大学入試内容が変更になる

という事は、そろそろ新しいシステムを取り入れて行かないと入試の特にクレームが来るのではないか

と想像してしまいます。

 

これからは高校生の留学が伸びてきますね。特に会話力に重点を置いた留学ですかね。

語学学校も恐らく「会話中心」のレッスンを取り入れる学校が増えると思います。しかし、ここでも

考えなくてはいけません。授業中に会話をしていても授業以外の時間の方が1週間単位で

考えた場合多くなるので、授業以外の時間をどう使わせるか、もう少し頭をひねってコースを

考えていく必要があると思います。

 

フィリピン留学も今後どのように変わっていくのか本当に楽しみです。これがマンツーマンの数を単に

増やし、会話中心と謳っているようでは、セールス専門のがっこうになるだけ。中身が伴ったしっかりと

した学校作りを目指す必要もあると思います。

 

楽しみです。

 

A&J e-EduDC English Academy


PAGE TOP