各国のマーケティング事情について考えてみる

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

マーケティングに関しまして考えてみたいと思います。と言っても

留学会社の視点ではなく、語学学校の視点からになります。

弊社では、色々な仕事を展開している関係でアジア諸国へ出張へ

行き機会が非常に多いです。今もインドネシアでこのブログを書いています。

 

アジア諸国へ行きますと、色々な国から観光客の方も来られておりますので

色々な国の性格を見ることができます。もちろんすべてではないと思いますが、

こんな感じなのかな?と感じることはできます。

 

その中で、この国の方は少し考えなくてはいけないと感じた国は、ロシア

になりますね。ロシアの方全ての方が悪いというわけではないと思います。

しかし、ここで色々なロシアの方を見ておりますと、まあ、自分優先ですね。

協調性がないといいますか(笑)。

 

ここインドネシアにも、そしてタイにも多くのロシア人が来られています。もう

嫌というほど見てきましたが、まず自分優先の方が多いんです。例えば、

他の国の場合、子供がいれば優先して下さるのが結構多いんです。日本でも

そうじゃないですか?お子様がいれば優先ですよね。海外ではお子様を一人

家の中に置いておくだけでも犯罪になる国もあります。それほど大切にされています。

 

しかし、まあ、自分優先でお構いなし。。。。まあ、受け入れればいいのですが、

これが留学になると話が異なるんです。周りにはいろいろな国からの留学生がいて、

もちろん1つの共通したルールの中で生活をしなくてはいけません。その中で

万が一ですが、自分優先、つまりは、ルールは関係ないという事にでもなれば、

学校内は大変なことになります。

 

ロシア人だけ特例を認めると他の国の生徒様からもクレームが出るでしょう。

 

そこで、ロシア人留学生がいらっしゃる学校で考えますと、個人的にはロシア人の

マネージャーさんが在籍しているかどうかが重要ポイントになります。マネージャーさんが

いない場合には、コミュニケーションもうまくとることができず、適当になる場合が

ございます。

 

そうなりますと周りの生徒様へも悪影響が飛ぶ可能性がある。

 

その意味ではロシアからの留学生がいる学校にはある意味で注意が必要

であると感じています。

 

Activity 2


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じた情報を公開 » 各国のマーケティング事情について考えてみる

PAGE TOP