インドネシア、バリ島でのボランティア研修

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

今日はお知らせになります。当社、フィリピンでの留学を専門的に行って

おりますが、この度、インドネシアはバリ島でのボランティア、英語研修、

インターンシップ、旅行に関するお手配を開始させて頂くことになりました。

 

何故、バリ島で始めるのか?

・信用できる現地のスタッフ

・ボランティアはフィリピンと状況が一緒である

・語学研修ではマンツーマンレッスンもある

・インターンシップも可能(旅行・ホテル・ウェディング)

※将来的には空港。

この4点が大きな理由です。

 

私は常日頃から新しいものを求めて仕事をしています。フィリピンでも新しいことを

始めています。具体的には何かといいますと

・現地の学校(幼稚園・小学校・高校・大学)で学ぶプログラム開発

・教師、英語育成プログラム

・ボランティア

・インターンシップ

などです。今の日本の教育システム、そして流れを考えれば語学研修だけでは

物足りなく、そして、もっと子供たちに必要なものがあると感じています。その新しい

プログラムを自ら作り出したいというのが私の挑戦でした。

 

フィリピンでも引き続き、どんどん新しいプログラムを作っていくのはもちろんですが、

他の国にも目を向ける時が来ているのではないかとも感じています。その理由も簡単

で多くの業者がフィリピンへ既に進出されているためです。多くの業者様が進出されると

フィリピンの知名度が上がり非常にいいことではあります。

 

しかし、一方では、色々な情報があふれてしまうという事があります。この情報ですが、

本当のいい情報であれば問題ないのですが、ありもしない情報なども自然発生致します。

お客様も混乱しますし、業者数も多いため、なかなか、正しい情報を信じて頂くには

時間がかかります。

 

そこで新しい市場、オリジナル気企画を考えています。オリジナルの企画では

何が良いのかといえば、真似されないという事です。これが大きいで。そして本当に

留学生の皆様にとって有意義なものを自分自身で考えて作ることもできます。

 

この上ない完璧さだと思います。

 

バリ島ではボランティアを進めていきたいですね。ここセブ島でもボランティアが

有名なのですが、個人的にはボランティアって自己満足ではいけないと思っています。

参加する以上、人のためになる・人のためにならなくてはいけないと思っています。

 

セブ島にあるボランティア施設ですが、たくさんの貧し子供たちがいます。しかし参加している

方も増えていますので、徐々にですがよくなっていると思います。もちろん継続は

必要です。しかし昔に比べると良くなっているんです。この場合には、次の段階へ

ボランティア内容も変化してく必要があると思います。

 

しかし、バリ島は支援が行き届いていません。施設の方へお話を着たところ東日本大震災

の前までは多くの日本人が施設へボランティアをしに来られていたそうです。しかし、

震災をきっかけに全くと言っていいほどなくなったそうです。本当にこれでいいのでしょうか?

セブ島はどんどん増えている、バリ島は減っている。支援をする場所間違えていませんか?

そう思うんです。

 

だからこそ、バリ島でのボランティア活動には、力を入れていきたいと思っています。

 

received_954395467983655


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » インドネシア、バリ島でのボランティア研修

PAGE TOP