ワーキングホリデー準備前には最適な準備コース。インターン。

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

セブ島でホテルインターンシップのお手配を行ってきました。実際に

今年の夏休みには、2名のお客様へご参加いただきました。まだ多くは

ないですが、初めのスタートとしてはいいといえます。そして、このお客様

方の反応も良かったです。

 

フィリピン留学 ⇒ ワーキングホリデー という2ケ国留学の流れは結構

当たり前になってきた日本。よくある質問でワーホリへ行くので、どのコースが

良いですか?と聞かれることがございます。

 

私がワーホリ準備で必要だと思う内容としては以下の2つだと思います。

1、ESLコースで会話力を向上する。

2、インターンシップ体験。

 

1番に関してですが、ワーホリで最も重要なのは会話力です。会話力が無ければ、

結局、日本食レストランなどの仕事しかありません。友達とも結局、日本語で話す

ことになるでしょう。いくら履歴書などを英語で事前に準備をしていたとしても。

そして、フィリピンでのESLですが、マンツーマンレッスンです。マンツーマンレッスン

の場合、先生は自分の好きなように使う事ができます。そう、それをうまく利用すれば

良いのです。ワーホリ準備で必要なもの?履歴書、面接。この程度でしょう。

マンツーマンで先生にこの2つのことを教えてといえば、何レッスンで済むでしょうか?

1週間も必要ありません。

 

面接の練習は、放課後などの空き時間を利用して教えてもらってもいいわけですよ。

 

とにかく、無駄な時間は過ごさない、自分で考えてみる、相談をしてみる。

わざわざ授業で何時間も事前準備に取られる必要はないと思います。先ずは、

英語力の向上が必要ですよ。事前準備をしても結局、英語が話すことが

できなければ、その準備も意味なし。鎧をかぶっているだけです。英語ができれば、

別に、履歴書も面接も怖くないでしょう。面接は会話で勝負ですよ。自分を売り込む

訳です。日本の就職と一緒です。

 

そして次に大切なのはインターンシップ。経験です。経験がないよりは経験があった

方が良いわけです。教える時間が少なく済みますので。英語研修の後はフィリピンで

インターンシップを少しでもいいので経験しましょうよ。英語もより伸びますし、経験も

持つことができます。

 

この英語力、経験があればワーホリ先でも働きやすくなるでしょう。逆に私が採用する側で

考えれば、コミュニケーション、そして、人間性が最も大切です。言ってしまえば履歴書は

当たり前のものよりユニークな方が目を引くわけなので、準備しない方が良いものが書ける

場合もあります。そして多少でも経験がある。全くの初心者の場合、一から教えなくては

いけないので、時間が相当かかります。経験があれば、教える時間も少なくて済む

でしょう。

 

このように逆に立って考えれば、何が必要なのかがわかると思います。

 

IMG_8702

 


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » ワーキングホリデー準備前には最適な準備コース。インターン。

PAGE TOP