フィリピンでの教員研修、教員インターンシップ、姉妹校交流など

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

急きょ、とある知り合いの方より、ある案件に関する相談を受けていました。

ここまではまだ公開はできない案件です。その色々な情報資料を拝見させて

頂いている際、色々な記事を目にするのですが、あ、自分が考えていた方向性

というのは、大方間違っていなかったのではないかと感じる部分もありました。

 

特に、留学という仕事よりは、英語教育に関する方向性です。

 

当然ながらグローバルという事がば世間に広まり結構感が経過していますが、

最近ではグローバル=英語という形で(教育の世界では)、英語教育に関する

話題がとても増えているように感じます。

 

そして、私は常日頃より、マンツーマンレッスンというよりは(マンツーマンも重要視はして

いますが)、学ぶ環境であったり、ESL以外のユニークなプランに対し力を入れて

いました。その結果、今年

・教員研修プログラム

・教員インターンシッププログラム

・姉妹校提携

・国際交流

など幅広いプログラムを作成することができました。正直、このようなプログラムは

完全にオリジナルであり、マンツーマンなどの要素は実はあまり関係ありませんし、

もっと言えば、語学学校を中に組み込むのも非常に少ないのが現状です。

 

しかし、このようなプログラムが喜ばれているのも事実です。フィリピンでは、現地の

方と色々と仕事をする機会が増えていますが、お会いしてお話を進める必要が

あるとも実感しています。まあ、この辺りが、まだまだ後進国、それか文化の違いという部分

ではないでしょうか。

 

何とか今年中に作りたい、既に進めているプログラムが1つあります。それは何かと言えば

・小学校でのインターンシップ(教員対象)

・小学校、幼稚園での国際交流

・姉妹校提携、カリキュラムの相互理解

この辺りですね。日本ではすでに小学校での英語教育が取り入れられているとおもいますが、

現状はどうなんですかね?

 

兼ねてから疑問がありましたが、少しでもお役に立ちたいという思いで作成したプログラムです。

このプログラムですと言ってしまえば、語学が校を中に入れるつまりもないんです。逆に

中へ組み入れると他の部分の良さが消えてしまう。

 

そう、プログラムって時代に合ったものを考えれば、オリジナルのものを作ることができます。

特に語学学校を必ず入れるという必要もないですし、マンツーマンを必ず入れる必要も

ありません。でも内容としては、かなり満足いただける内容であると思っています。こちらの

プログラムは2017年委発表させて頂く予定ですが、徐々に人気が出ていくのを楽しみにし

していますね。

 

そして、もっともっとオリジナルのプログラムを作れるよう、日々、情報を集め、考え、チャレンジ

をしていきたいと思っています。

 

20161109_112357


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » フィリピンでの教員研修、教員インターンシップ、姉妹校交流など

PAGE TOP