海外ではとても大切です。(郷に入っては郷に従え)

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

海外での瀬克で最も重要なことは、「郷に入っては郷に従え」という事です。

つまり、今までの日本で当たり前の常識を海外でも同じように使ってはいけない

という事です。

 

例えば、ここフィリピン留学には

・韓国人

・台湾人

・中国人

・ベトナム人

・ロシア人

・モンゴル人

などが来られているわけです。各国、それぞれ独自の国のルールみたいなものが

あります。当然、日本では当たり前かもしれないけれど、外国では当たり前じゃない

という事も普通にあるわけです。

 

もし、何か問題が生じ、日本はこうだから!と言っても通用しません。逆に自分の国では

こうだ!と言われるともう、収拾がつかなくなります。

 

では、どうすればいいのか。それは話をするのも大切です。そして、理解をしあう、相手を

先ずは尊敬するという姿勢を持ってみてはいかがでしょうか。

 

今日も、ちょっとした問題がありました。フィリピン人の考え方に、とても困惑してしまう

事が起こりました。しかし、日本はこうだからといっても解決なんてしません。その為、

フィリピン人はこう思うんだ。それであれば受け入れようとする姿勢を持ちました。更には、

話し合いをし、更に信頼関係を築くにはどうしたらいいのかも徹底的に話し合い、受け入れる

用意をしました。

 

結果は分かりません。しかし、ここは海外であり、フィリピンであるという現実を考えると

フィリピン人の姿勢を受け入れるというのがベストです。それが難しい場合には、

日本へ帰る以外に選択肢はありません。

 

毎日勉強ですね(笑)。留学生の皆さんも同じことが言えます。特にフィリピンは寮滞在。

個室であれば周りの学生を気にする必要はないかもしれませんが、2人部屋、3人部屋、

4人部屋になると必ず他の国からの留学生と一緒になり、何かしらの問題が起こる可能性

が出てきます。その時に、日本の常識を押し通すのではなく、一歩下がり、相手の国の

文化というものを受け入れる姿勢というのを示してみてはいかがでしょうか。

 

これも海外での勉強の1つですね。


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » 海外ではとても大切です。(郷に入っては郷に従え)

PAGE TOP