セブ島でのボランティア研修は考える時期に来ている

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

1ケ月ぶりの更新となってしまいました。すみません!

 

今日は、昨今人気になっているセブ島でのボランティア研修に関する内容です。

 

フィリピンでは、英語研修はもちろん、最近ではボランティア研修で渡航される

お客様も増えています。皆さん、目的も様々でしょう。しかし、人気になっている反面、

残念ですが、マイナスの点も出始めています。それは何かといいますと、内容が

ボランティアではなく単なる見学になってしまったり、見世物的な内容になって

しまったり、と現地の貧しい子供たちの為にならないような活動でも出てきているのも

事実です。

 

その為、ある有名な施設では、見学自体を見合わせるという方向性となった施設も

あります。とてもいい活動を行っている施設で、しっかりと意欲をもってお越し頂く

のであれば歓迎され続けていたと思いますが、それが逆に受け入れ拒否という事態に

なっています。とても残念なことですね。

 

やはり、フィリピン人が実施に感じている貧しさ、そして真剣に求めている支援に対し、

貧しさを感じたことのない日本人が全てとは言いませんが、真剣に支援をして下さって

いるとは感じられない面が出てきたのでしょう。格差のギャップですね。

 

今後は弊社のようにボランティアを開催する企業は、より内容に関しても熟考

していく必要があります。そしてお客様へしっかりと伝えていく。これも大切に

なりますね。

 

良く言われるたとえ話がありますが、マングローブ植林。多くの参加者が多くなり、

木を植林しても、次の参加する方の為に、あえて、その木を引っこ抜いて対応を

しているという現状もあります。もう、ボランティアでもなく、完全にお金儲けですよね。

 

このような現状を、しっかりと皆様へお伝えしていく。これも企業の役目であると

改めて感じています。もちろんお客様が来ていただかなければ企業は運営を

成り立たせることはできません。しかし、お金もうけに走り、完全にボランティア精神

を投げすててしまう。。。これもいかがなものかと思います。

 

人気の反面、どんどん裏の汚い部分も表に出てきました。

 

これは語学留学にも言えます。語学研修も人気です。しかしその反面、英語力が

伸びずに帰国をしてしまっている学生、遊び重視になってしまっている学生、

そして、ドラッグに溺れてしまった学生など、どんどん悪い点が出てきています。

 

表に出ていない悪いニュースも実は多数あります。

 

反面教師的に、しっかりと正しい情報を伝え、しっかりと運営していく必要があると

感じている昨今でございます。

 


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » セブ島でのボランティア研修は考える時期に来ている

PAGE TOP