洗脳カウンセリング!?フィリピン留学の独特さ

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

ふとニュース検索をしていたところ、このような記事を見つけました。

http://news.livedoor.com/article/detail/12814139/

この記事に関して、今日は特に話すつもりはありません。しかし、この記事にある

「洗脳」という言葉、実はよく考えたらフィリピン留学にも当てはまっていると

思いましたので、記事にさせて頂きます。

 

「洗脳」。留学生の皆さんは留学相談の時に洗脳されていませんかね?

 

私が感じてしまう事ってこんなことです。

・先進国の留学へ行く場合、どのような基準で学校を選ばれますか?

1)日本人が少ない

2)学校内はEOP(英語オンリー)のルールがある(カナダはほぼすべての学校

で用意されています)

3)国籍のバランスが良い

 

・ワーホリ先で仕事を探す場合、どんな職場を好むか

1)日本人が少ないところ

 

留学相談を受けると、こんな条件を頂くことが多いですね。仰ること

間違えないと思いますよ。日本語を使わず英語を使った方が英語が伸びる

だからこそ、シンプルに上記の条件が出てくると思うます。

 

それで、面白いのがフィリピン留学。基本的に私は上記の条件って、間違え

無いと思っていますが、何故か、フィリピン留学に関すると、この条件が

以下のように変わってしまうんです。

1)お部屋が綺麗

2)食事がおいしい

3)WIFIが強い

 

面白いですよね。全く先進国の留学の場合とでは条件が違うんです。

 

フィリピン留学では、確実に英語が伸びるのが当たり前であるから、このような

英語力を伸ばすために必要な条件とは全く異なる条件を求めるのでしょうか?

これ個人的には、やはり「洗脳」が関わっているのではないかと思います。

 

フィリピン留学は

・マンツーマンレッスンがある

・学ぶ時間が長い

などの理由で英語が伸びるのは当たり前という事を留学会社より伝えられて

いるのでしょうか?そんなフィードバックがあるのでしょうか?個人的には、

全く理解ができないです。

 

フィリピン留学、たくさんの生徒さんがお越し頂いておりますが、英語力をしっかりと

身に着けて帰国された生徒さんは、正直、それほど多くはありません。

 

英語力を身に着けるための前提から教えなければならないのに、そこは当たり前

(つまりはフィリピンへ来れば確実に英語が伸びる)であり、それ以外のところに

フォーカス(留学相談でのポイント)をされているような気がしています。

 

一度、立ち止まって考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

DSC_0075


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » 洗脳カウンセリング!?フィリピン留学の独特さ

PAGE TOP