セブ島でのジュニアキャンプ留学(夏休み)

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

セブ島では、親子留学で来られるお客様も増えておりますが、ジュニアキャンプ

留学で来られるお子様も多いです。

 

ジュニアキャンプ留学とは何かといいますと、お子様だけ参加されるプランです。親御様は

一緒にご参加されません。年齢ですが、学校により多少異なりますが、小学生~が多いで

しょうか。もちろん引率者が日本から同行するのが基本です。

 

英語の勉強はもちろんですが、団体行動で約2週間~3週間(夏休み期間中の場合)生徒同士

で一緒に過ごすため、精神的にも大人になると思いますし、親の大切さも勉強できると

思います。

 

さあ、このジュニア留学プランですが、当社では、やはり、どの学校のプランへ

参加しても良いという訳ではなく、やはりお薦めの、選ぶべきポイントがあると

考えています。

 

そのポイントを以下に挙げたいと思います。基本的にはジュニアキャップも英語力を

少しでも向上をするのがポイントになりますので、その英語力を上げるための要素から

考える必要があります。結構、ジュニアキャンプ留学って安くはないんですよ。

だからこそ、しっかりとした学校選びも重要です。

 

1、多国籍(少なくても日本人以外も一緒に参加している)

まず、重要な点がこれです。しかし、多くのプランで、この点ができているプランは少ない

のが現状です。子供は、正直、勉強も大切ですが、遊びながら英語を覚えます。つまり、

遊びで英語を使えるという環境が最も英語力を伸ばすと言っても良いです。だからこそ、

日本人以外の方も参加しているジュニアキャンプのプランが理想であると言えます。

 

2、現地の子供と交流ができる

これも1番に絡む内容なのですが、やはり、英語を使って遊ぶというのが理想なわけです。

毎時間フィリピン人と交流するというのは難しいですが、1日=1~2時間程度であれば

可能です。実はこの点、親御様からも多く頂くリクエストなんですよね。

 

3、サポート

まあ、これはどの学校も強化していますので、差が出ませんが、安心のためには

サポートは必須ですよね。

 

この3点がポイントになると思います。特に差別化をするのであれば1・2のポイントですよ。

お客様も、この1・2のポイントから絞り込みをすれば、迷わないと思います。

それ以外の点は、先ず、どの学校も一緒です。

 

今現在あすジュニアキャンプ留学で、この点を実行できているのは、CIAで行われている

キャンプであると思います。CIAは韓国では最も歴史があり、参加者が最も多い、人気

学校のプランです。日本でもジュニアキャンプのマーケットをスタートしました。

 

夏休みももちろん、開催しますので、CIAプランもぜひ、ご検討ください。

 

もちろん、他の語学学校でも行っていますので、是非、比較検討してみてください。

 

ただし、上記のポイントだけは忘れないようにしてください!お子様は遊びながら

英語を覚える。だからこそ、多国籍(少なくても日本以外の国)に交流ができる

プランより考えると学校選びも非常に楽ですし、お子様にとっても満足度が高いです。

 

当社もこの夏より、オリジナルのジュニアキャンプ留学プランを作ります。

是非、お楽しみに!

 

 

CIAジュニアキャンプ


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » セブ島でのジュニアキャンプ留学(夏休み)

PAGE TOP