語学学校選びのヒント(ちょっと考えてみよう)

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

よくある質問で、「語学学校の数が多くて、どの学校が良いのか分かりません」というような

質問を頂くことが結構多いです。もちろん、留学会社も多数ありますので、色々な会社へ

聞いてみるのも1津の方法だと思います。

 

しかし、自分である程度、絞り込むこともできます。その上で留学会社へ相談を

すれば、結構、スムーズに決まると思います。先ずは、自分で考えてみることから

始めてみましょう。

 

例えば、こんな感じです。海外で働くとします。どっちの会社で働いたほうが

英語が伸びると思いますか?

 

1、日系の会社(例えばワーホリで考えた場合、日本食レストラン)

2、外資系の会社(例えばワーホリで考えた場合、カフェ)

 

おそらく、多くの方が、後者を選ぶと思います。事実、ワーホリでも同じです。

日本食レストランなど日本語を使わない環境の仕事をしたいのですが、見つかりますか?

という質問が多いです。

 

何故、後者を選ぶのか?理由は既に皆さんも想像がつくと思います。英語環境の

職場だと英語を使えるから、英語が伸びやすい。だから、英語環境の職場が必要

という事だと思います。

 

そう思わないのであれば、日本食レストランでも普通に喜んで働いていると思います。

しかし、現実は違います。

 

 

英語ができないから、日本食レストランしか選ぶことができず、仕事場内でも

日本語、友達も日本人という状況で、英語はできるようにならない。

 

長くなりましたが、何が言いたいのかと言いますと、語学学校も同じだという事です。

語学学校へ通う目的は「英語を話せるようになりたい」。それであれば、どのような学校を

選ばなくてはいけないか、上述の例を思い出していただければ、自分自身である程度は

絞り込みをすることができるし、留学会社からも騙されることはないでしょう。

 

リスクを自分自身で回避することができるという訳です。

 

そして本ですね。本屋へ行くと、雑誌コーナーに、「英語」というキーワードが

書かれた雑誌を目にすることがあると思います。その雑誌なども読んでみましょう。

身につけ方が書いてあると思います。それも参考にしましょう。

 

 

どんどん、自分である程度はリスクを回避するために、情報収集をしましょう。

留学費用は安くないですし、結果が残らない留学は次にもつながりません。

 

このような形で、語学学校選びをしていくと良いと思いますよ。

 

写真は、英語に関する内容が掲載されている雑誌です。

IMG_6229

 

PS:ちなみに学校選びは、フィリピン留学でも、カナダ留学でも、オーストラリア留学

でも一緒です。


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » 語学学校選びのヒント(ちょっと考えてみよう)

PAGE TOP