フィリピン留学からのワーキングホリデー。費用はいくら?

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

よくある質問の1つ、フィリピン留学からのワーキングホリデーではトータルで

どのくらいのお金が必要ですか、かかりますか?という内容です。

 

ここで大切なポイントが幾つかあります。

 

1、フィリピン留学の受講期間にも寄る。

単純に幾らくらいかかるのか?という費用をお知りになりたいのは良く分かりますが、

やはり英語研修の受講期間次第で、料金も異なりますので、どのくらいの受講期間を

想定されるのかも考えなくてはいけません。個人的には、フィリピンでの英語研修の受講

期間は最低でも3ヶ月間、その後は延長をすることを視野に入れ、目標をしっかりと決め、

ゴールをするまで頑張る続けるというのが基本姿勢としては良いのではないかと思います。

良く3ヶ月間で十分だと考えているお客様がおりますが、私はその考えは反対しています。

どの理由で3ヶ月なのか説明ができれば良いのですが、説明できないと思います。もちろん、

3ヶ月間で英語力が身に付く方もいると思いますが、身につかない方もおります。中途半端に

終わった場合、ワーホリ先で相当苦労をすると思います。その為、先ずは3ヶ月間のお申し込み

では良いと思いますが、その後は、延長も視野に考えられるというのが理想です。目標は

通われる語学学校のレベルで中級レベル(Intermediateレベルを終了する)というのを1つの

目標にしたらいいと思います。このレベルを終了すれば、ワーホリ先でも英語環境の職場を

探すことができるだろうと思われるレベルです。

 

2、都市でも費用が異なる(ただし、学校の環境も大切)

フィリピンも都市により物価が異なりますので、結果、留学費用の異なるという事が

言えます。例えば、セブ島やクラークを選ばれるよりも、バコロドやイロイロを選んで

頂いたほうが同じ期間でも費用を抑えることができます。ただ、単に安い学校を選ぶと

いうの考え物です。というのも学校へ行けば英語力が伸びるわけではないからです。

ワーホリで海外に1年間滞在しても英語力は身につかないというのと一緒の理由です。

 

つまり、英語力を伸ばすためには、しっかりとした環境を用意している学校を選ぶ

必要がございます。この選ぶ基準は、以下のアドレスにてご確認ください。

http://www.phil-joho.com/philabroad/8084/

 

3、フィリピン留学で生じる目安となる金額

フィリピン留学では以下の費用が生じます。以下ではお薦めの学校を例に取り上げ

目安となる費用を見て見たいと思います。

・往復航空券:往復6万円(プロモなどが出ていればさらに費用を抑えることが可能)

・保険費用(任意加入):約4万円

・日本出発前に生じる費用(入学金・授業料・寮滞在費):3ヶ月・3人部屋・セブ島で45万円。

・フィリピン到着後に生じる費用(SSP、ビザ延長費用、ACR、電気代、テキスト費用等)

⇒6万円。

 

合計目安として61万円程の費用が生じます。英語力が目標を3ヶ月間でクリアーできなかった

場合には、さらに追加の延長費用を考えておく必要がございます。

 

4、ワーキングホリデーの費用

当社では、フィリピン留学で英語力を身につけたわけですから、ワーホリ先では

英語研修を受講する必要はないと考えます。何が必要になるかと考えますと、

・航空券

・保険

この2つは必須になります。その他、到着後に滞在する滞在先ですね。これは

ホームステイで良いと思います。現地の文化・習慣を体験することができるためです。

そして、現地サポートですね。初めてのことになりますので、サポートも必要だと

思います。そう、当社では、この1ヶ月の滞在先と現地サポートだけを付けた無駄な費用を

省いた最高のプランを用意しています。渡航先国・都市により料金は異なります。

 

例えば、オーストラリアのケアンズへ行くと仮定しますと費用は以下のようになります。

・航空券費用(片道):約5万円

・保険(1年間有効):約15万円

・プログラム:約125,000円(1ヶ月ホームステイ+現地サポート)

 

目安は33万円程になります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィリピン留学+ワーキングホリデーで生じる費用の目安は約90万円程になります。

 

当然、各国でもお小遣い(ワーホリ先ではアルバイトでお小遣いを稼ぐことができますが、

フィリピンでは稼ぐことができません)が生じます。フィリピンでは3ヶ月間で約10万円を

見ておけば、何とかなる範囲ですので、目安はちょうど100万円程です。

 

最低でも100万円という資金は必要であるという事が言えます。ただ気を付けなくては

いけない点として、100万円では、オーストラリア到着後にお小遣いがほぼないという

状況ですので、実質、100万円では厳しいです。アルバイトをして収入を得ることができまでの

期間分のお小遣いがさらには必要です。

 

そうしますと120~130万円という資金があれば理想という事が言えます。

 

写真はセブ島にあるお薦めの語学学校の1つ、English fell校になります。

IMG_2038


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » フィリピン留学からのワーキングホリデー。費用はいくら?

PAGE TOP