英語漬け(English Only)が何故大切か

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

「英語漬け」って聞いたことありますか?「英語脳」って聞いたことありますか?

「English Only」って聞いたことありますか?

 

この要素英語に限らず、どの言葉でも言えますが、身につける為には必須の要素になります。

この要素が何故大切かを理解する事(体得する事)ができれば、学校選びにも困らない

でしょうし、現地へ到着してからも勉強方法に困ることはないでしょう。

 

そもそもに言葉は、どのようにして身につけるものなのでしょうか?考えたことありますか?

留学へ行く?海外へ長期滞在する?このような形で考えられている方も多いのではないでしょうか?

もちろん留学へ行くというのは1つの方法かもしれませんが、留学へ行っただけでは残念

ですが言葉は身につきません。長期滞在もそうです。有名な制度の1つとしてワーキングホリデー

があります。1年間、滞在することができます。さあ、何名の方が話せるようになって帰国

されているでしょうか?まず99%いないと言っていいでしょう。

 

何故なの?何故留学しても長期滞在しても話せるようにならないのか?簡単です。言葉を身に
つける為の方法を理解していないからです。大切なお金、時間を使う訳ですから、この
身につける為の方法は前提として頭に入れる必要があると思います。これを知らないから、
違う視点から学校を選ばれてしまったり、悩んだりするのだと思います。

 

では、その言葉、どうやって身につけるのでしょうか?思い出してみましょう。皆さんは

日本語話せますよね?もちろん、この記事だって日本語ですが読めると思います。何故

話せるようになったのでしょう?日本語を。勉強しました?マンツーマンレッスン受けました?
日本語学校いきましたか?全てNoだと思います。

 

でも、話せるんです。詳しい内容は長くなりますので、説明会などでお話をさせて頂きますが、

答えは簡単です。朝起きてから夜寝るまで常に、日本語漬け、日本語脳、日本語オンリーの

中で今まで生きてきたからです。そうじゃありませんか?

 

テレビを見るとき何語ですか?ラジオは?インターネットで書かれている言葉は?仕事先では?

学校では?家族とお話をするときは?すべて日本語使っていませんか?それを今まで生きてきた

年月続けてきたからこそ、話せるようになったのです。

 

じゃあ、英語は?そう、同じようにするしかないのです。朝起きてから、夜寝るまで常に

英語漬けの環境に居て初めて話せるようになります。この英語漬けの環境から離れるほど、

英語力の伸び率が落ちてきます。

 

だから学校選びも簡単ですよ。どの学校であれば英語漬けになれるか?これだけで考え

ましょう。容易に想像がつくのは以下の2つのチェックポイントです。

これだけでも、かなり学校を絞り込むことができますよ。

1、日本人が少ない

2、学校内は英語オンリーのルールが有る

 

この2つです。さあ、自分でもこの2つのポイントを調べるだけであれば、簡単だと思います。

 

その上で、ある程度絞り込みができたら、そこから先は、なかなか1つに決めることが

難しいと思いますので、留学会社さんを使ってみたらいいのではないかと思います。

 

ここまでは、お客様自身でできると思いますので、是非、トライしてみてください。

 

写真は日本で販売されている雑誌です。このような雑誌にもヒントがあります。

どの雑誌にも英語漬けとか、とにかく話しまくるとか、同じようなことが書かれています。

IMG_6229

 

 


PAGE TOP