日本資本の語学学校について

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

よくある質問に対し、現地での状況も踏まえ、率直にお答えしたいと思います。

質問内容:「日本資本と韓国資本の学校、どちらがお薦めですか?」

 

この質問は結構目にすることが多いです。先ずは今現在の状況からの結論を
お伝えします。

 

英語力をしっかりと身につけたい場合:韓国資本の学校

遊学・勉強だけじゃなく、フィリピン留学を体験したい場合:日本資本の学校

 

今現在の状況ですと、このような結論を出すことができます。

 

何故、このような結論を出すことができるのか?答えは簡単です。

その為には、英語を身につける為の方法を知っておかなくてはいけません。これを

知らないと、どっちの資本の語学学校のほうが良いのか?という事で悩んでしまい

ます。

 

皆さんの経験から理解しやすいのが「受験勉強から考える英語」です。受験を

経験された方は結構、いらっしゃるのではないでしょうか?その受験を思い出して

見てください。長時間、机に向かって一生懸命勉強をしてきたと思います。その結果、

英語話せるようになりましたか?真面目に一生懸命、もしかしたら今までの人生の

中で最も勉強をしてきたかもしれない「受験」を経験してきたにもかかわらず、

どれだけの受験経験者の方が話せるようになったのでしょうか?

 

先ず「居ません」。。。。これが現状です。つまり、受験が無駄とは言いませんが、

受験と同じような勉強をしていても英語(会話力)は身につかないという事が言えます。

文法、リーディング。特にこの2つをメインで勉強をしている日本の英語教育は

間違ってきたという事が言えます。つまり、今までの勉強方法を変える必要がある

という事が言えるのです。

 

では、どのような勉強方法が必要なのか?それが「リスニングとスピーキング」です。

この2つの科目、恐らく、最も時間を取ってこなかった科目ではなかったでしょうか?

 

でも、この2つの科目が英語を話せるようになるうえでは大切だという事です。

そして、もう1つ、皆さんにお聞きしたいのは、「何故、日本語を話せるのか?」

という事です。日本語学校行きましたか?マンツーマンレッスン受けましたか?

先ず、いません。では何故話せるのか?答えは一緒です。リスニングとスピーキング

を生まれてきてから今までの年数まで続けてきたからです。

 

リスニングとスピーキングが重要であるという事が言えます。では、本題です。

 

何故、日本資本の学校ではなく、韓国資本の学校の方が英語力を身につけるうえで

お薦めなのか?そう、「リスニングとスピーキング」をする機会が確実に日本資本

の学校よりも多いからです。

 

日本資本の学校ですが「日本人比率」を見てください。100%に近いです。学校に

寄っては100%日本人です。この状況で、どうやって英語を話すのでしょうか?

英語を聞くことができるのでしょうか?先ず、無理です。

 

韓国資本の語学学校はどうか?日本人比率は多くはなく、更に、国籍のバランスも

日本資本の語学学校が多くできたことにより、良くなりました。つまり、英語を

リスニング・すぴーいんぐする機会が多いという事が言えます。

 

これは日本人比率を調べれば、自ずとどちらの資本の学校がお薦めかお客様が

自分自身で調べることができます。そして受験を経験していれば、経験上、

リスニング・スピーキングが大切であることも理解することが容易であると

思います。

 

そして、今現在のセブ島の留学状況で言いますと、「遊学」の生徒様を多く

見かけます。毎晩酒を飲み、クラブ通い三昧、女性がいるお宮へも頻繁に

行ってしまう。何のための、セブ島へ留学へ来られたのか、意味が分からない状況が、

ここセブ島では現実問題として多く見られます。これがセブ島在住の視点から

はっきりと言えます。特に、日本人が多い学校の場合、一緒に遊ぶ仲間も「日本人」

になるわけです。外へ出た時に話す言葉は?「当然日本語」になるわけです。

日本人が多いわけですから、他に選択肢はありません。

 

その為、セブ島での留学は、しっかりと学校選択をしないといけないと日々

お伝えしているのが、これらの現状があるためです。留学目的で、しっかりと

英語を身につけたい場合には、韓国資本の学校がお薦めだと上記の理由より

言えます。

 

日本資本の学校へは今後、国籍のバランスが良くなることを期待したいです。

 

IMG_7119

 

 

 

 


PAGE TOP