販売手数料で学校紹介は行わない!

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

ここ最近ですが、お見積もりに関してちょっとした共通の問題が行っています。

お客様より、この学校へ行きたい。そしてこの金額よりも安くして欲しいという

依頼が届きます。基本、安売りに興味がない当社でありますが、そのお見積もりの

学校等を見ていると、ある共通点が見えます。

 

それは、販売手数料の高い学校をお客様へ紹介されている留学会社があるという

事です。留学会社側にとっては高額な利益になりますのでプラスと言えるでしょう。

しかし、お客様側からするとお客様の希望条件を満たしているとは思えません。

 

例えば同じ日に、同じ学校で、同じ会社のお見積書を持って来て安くしろという訳

です。う~~ん、どう考えても明らかに販売手数料の高いが校を紹介している。

販売手数料の高い学校ですと、かなり割引をしても、まだ手元に利益が残ります。

留学会社側からすると、利益は残る。お客様側からすると、安さにもう目が惹かれて

しまっているので、その金額で学校を決めてしまっても良いような感も出てくる。

 

実は、お互いにメリットがあるような感覚でもあります。しかし、この業界は牛丼の

業界ではありません。教育業界です。お客様が希望する条件を満たし、尚且つ、

成果を出すことができる学校を理由をつけて説明をするのが仕事だと思います。

 

ただ単に販売手数料の高い学校を割引額を大きくし販売するのは留学会社の

仕事とは言えないと個人的には思います。だから、そのような学校は、割引を

された学生ばかりが集まりますので、自然と、学校内の雰囲気も悪くなります。

勉強よりも金額にフォーカスをされたお客様が集まっています。勉強にフォーカス

をした学生が集まりませんので学校内の雰囲気は酷いです。

 

そして、学校内でも話す内容は金額一辺倒。幾らできた?え?私の方が高い。

エージェントのクレームを言おう。という流れ。学校内の雰囲気も学ぶ雰囲気

よりもお金で競う雰囲気になりがちです。

 

でも、これを作り出したの割引をした留学会社がもとはと言えば、作り出したもの

です。仕方ないと言えるでしょう。このような学校は、しっかりした留学エージェント

からすると、「割引学校」という形で認識されており、先ず第一候補としてお客様へ

お薦めすることはありません。その理由は学ぶ環境ではないからです。

 

当社では、販売手数料が高い学校を優先してお薦めするという事は行っており

ません。むしろ、販売手数料が低い学校をご紹介していると言っても良いです。

それも全て、お客様の為です。

 

結局、この留学会社を通して良かったと言ってもらわないと、次へ続きません。

だからこそ真面目に当社ではお客様へ接していくことを心がけております。

 

92


PAGE TOP