フィリピン留学の魔の数字「3ヶ月」

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

フィリピン留学でよくある魔の数字、皆さんご存知ですか?それが

「3ヶ月間」という数字です。誰が決めたのかはわかりませんが、この3ヶ月、

非常に魔の数字です。どのようにして使われているのかと言いますと、

 

先ずはフィリピンで「3ヶ月間」学び、その後、ワーキングホリデーへ行きたい。

という内容です。この数字でのお問い合わせが非常に多いです。では何故、

3ヶ月間という数字がここまで広まっているのでしょうか?それは韓国マーケット

です。

 

フィリピン留学は、元々韓国人が作ったマーケットです。その韓国人の基本スタイル

が、先ずはフィリピンで3ヶ月間学び、基礎力を身につける、その後、先進国へ

語学留学を長期で行う、又はワーキングホリデーで渡航をするという、

流れが一般的だったんです。特に昔はフィリピン留学後は長期で語学留学をされる

韓国人が多かったんです。

 

だからこそ、フィリピン留学は基礎力を身につける「3ヶ月間」でよかったんです。

しかし、日本人の場合はどうでしょうか?この3ヶ月間という数字を何と同じ

ように使っているではないですか???

 

韓国人は良かったんです。フィリピン留学後に長期の語学留学を先進国で行います。

だからフィリピンは3ヶ月間でいいんです。しかし日本人はどうですか?3ヶ月間後に

ワーキングホリデーへ行く又は、そのまま日本へ帰国です。つまり、この3ヶ月間で

ある程度英語を話すことができるという風に思っているんです。

 

上述の通り、3ヶ月間は基礎力を身につけて終わりです。決してペラペラにはなり

ません。それゆえ、3ヶ月後に、日本へ帰国をしても英語を使う仕事へ就くことが

できる方は本当に少ないですし、ワーキングホリデーへ行かれても、英語環境の

職場を自力で探せる方が非常に少ないんです。これが現実です。

 

3ヶ月間という数字は、本当に気を付けなくてはいけない数字です。先ずは

今現在の英語力、そして目標とする英語力、そこから必要となる受講期間を

考えるのが通例でございます。先ずは、この現在の英語力と目標となる英語力を

考えてみましょう。

 

そこから人によっては6ヶ月間の留学が必要でしょうし、またある人にとっては

4ヶ月かもしれない。又ある人によっては1年かもしれません。本当に人それぞれ

なんです。

 

そして知って欲しいのは、英語は、3ヶ月、6ヶ月、1年で話せるようにはなりません。

コツコツと定期的に勉強を続けていく必要があります。この勉強を継続できたかた

だけ、徐々にですが英語が伸び、話せるようになっています。だからこそ、帰国を

しても英語の勉強は忘れずに行うようにしましょう。

 

そして、フィリピン留学では魔の数字、「3ヶ月間」は気を付けましょう。

Watercrafts Made of Recycled Materials


PAGE TOP