フィリピン留学を格安、激安で行く方法。でもレベルは高い学校。

こんにちは。フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

 

よくあるお問い合わせの1つとして「フィリピン留学を格安、激安、費用を抑えて
行く方法」を探しているお客様が多いと感じています。確かにお客様のご要望は

もっともだと思います。少しでも安く行けたほうが、良いじゃないですか。

 

 

でも、お客様はご存じなんです。ただ単に安い学校だけではなく、安くても

レベルの高い学校、質の高い学校へ行きたいと思われている方が100%なんです。

 

 

これもおっしゃる通りだと思います。安かろう・悪かろうでは、フィリピン留学を

していても、あまり意味がありません。その理由ですが、先ず基本・根本から見てい

きたいと思いますが、そもそもにフィリピン留学をする目的は何でしょうか?

という事です。

 

 

大きく2つに分けることができると思います。

 

 

1、英語力をしっかりと上げるためのフィリピン留学にしたい(真剣型)

2、遊び(ホリデー)の方が重視で、英語は二の次で良い(ホリデー重視型)

 

割合で見ますと、90%以上の方が、真剣型であると思います。真剣型のお客様が

多いため、ここでは真剣型の方へ重点を置いて説明をさせて頂きます。

 

目的が「英語力をしっかりと身につけたい」という事ですから、安かろう・

悪かろうでは意味がありません。というのも英語力が身につかなければ、目的を

達成して事にはならないためです。

 

つまり、目的を達成するためには、レベルの高い学校(教える先生のレベルが

高い学校)、質の高い学校(英語を学ぶ環境の良い学校)を選び必要が大前提

としてあります。

 

レベルの高い学校(教える先生のレベルが高い)

質の高い学校(英語を学ぶ環境が整っている)

 

この2つが重要な要素となります。その上で費用が安ければ、最高!という事です。

 

で、この条件を満たすのはどこなのか?という事を皆さん、知りたいのだと

思いますし、留学会社としてもしっかりとお伝えしたいと思います。

 

お客様の多くは、色々なご希望条件があると思いますが、それを一度、

除かせて頂きまして、単純に「安くてもレベルの高い学校」は何処なのか?

という所で考えた場合、お薦めは「バギオ」になります。

 

バギオは、物価が安いため(英語学校で生じる固定費で考えた場合)、

価格を抑えることができます。そして、バギオの学校はレベルの高い学校、

質の高い学校が多いです。先生の勤続年数も非常に長いですし、日本人も

まだまだ少ないですし、それでいて学校内はEnglish Onlyのルールを設けて

いる学校も非常に多いです。正に、「安く、でもレベルの高い学校」を選ぶ

ことができます。

 

では、他の都市はどうなのか?という質問も出てくると思います。例えば

バコロドも安いんじゃないの?というような類の質問ですね。

 

ご名答!バコロドも安いです。ただ、注意をして頂きたいのが、

「安く、でもレベルの高い学校」というのが本日のテーマです。

 

正直、田舎の都市の学校に比べますと、バギオの学校は学ぶ環境、つまり、

質の高い学校が揃っていると感じています。特に注目をして頂きたいのが、

学校内は、English Onlyルールが有るかどうかという点です。

 

このルールが「有る」のと「無い」のとでは、大きな違いです。英語はとにかく、

話す時間と聞く時間に比例をして伸びます。といっても、この説明を具体的に

しますと結構な時間が生じますので、今日は違う角度からなぜ必要なのか?を

お伝えします。

 

授業あるじゃないですか?マンツーマンレッスンですね。この授業のスタイル

はご存知ですか?授業のスタイルは学校によって、異なるかもしれませんが、

大切なのは、授業は「学ぶ場所」。もっと言えば「教えて頂く場所」になります。

自分の英語に間違いがあれば、先生が治してくださる。教えて下さる。これが

授業なんです。先生が治してくださったことを留学生の皆さんは、ノートや

テキストにメモを取るんです。これが授業のスタイルです。つまり何が言いたいのか

と言いますと、「授業に出れば英語が伸びる」のではなく、「授業に出れば

正しい英語を学べる」というのが正しい表現です。

 

そして、ここからが大切なのですが、授業で学んだ正しい英語を自分のものにして

初めて授業に出た甲斐があった、フィリピンへ来た甲斐があったという事になります。

 

そう、復習です。でも、復習の仕方も大切なんです。机に向かってバリバリ勉強を

していても、口からは英語は出てきません。これは受験勉強から容易に想像が

できると思います。つまり、自分の口からスピーキングという形で、正しい英語を

話したい場合には、スピーキングをして復習をするしか方法はないのです。

 

そこで大切になるのが、「English Only」のルールです。このルールが有れば

学校内では、英語を話さなくてはいけません。つまりはスーキングをしての復習

ができるのです。このルールが無いと、授業を出たことに満足してしまい、

スピーキングをして復習をすることはないでしょう。

 

長くなりましたが、バギオにはこのEOPルールが有る学校が本当に

多いんです。

 

だからこそ、「費用を安く、でも、レベルの高い学校」へ行きたい!という場合

には、バギオがお薦めと言えます。

 

IMG_7543


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » フィリピン留学を格安、激安で行く方法。でもレベルは高い学校。

PAGE TOP