フィリピン留学、現地で生じる費用(SSP/ACR-I card)など。

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

フィリピン留学では費用のお支払いが2つに分かれるのご存知でしょうか?

1、出発する前にお支払いいただく費用(入学金、授業料、寮滞在費)

2、現地到着後に生じる費用(SSP、ビザ延長費用、寮保証金、テキスト、電気代など)

 

 

これ結構、現地へ到着してから、聞いていなかったというお客様も多いため、

必ず注意をしましょう。留学会社様によっては、たまに、この現地で生じる費用を

お伝えせずに、安く見せかけている会社様もあるようです。聞いていなかった

という事が無いように注意をしましょう。特に現地で生じる費用は、必ず全ての

生徒様、お支払いしなくてはいけません。受講期間により金額も異なりますし、

結構な金額にもなります。

 

必ず、この現地で生じる費用のご確認をお願いいたします。では、現地で生じる

費用ですが、どのようなものがあるのか、用語の内容も含めてお伝えします。

 

1、SSP(Special Study Permit)

日本語にすると特別就学許可証になります。何のことかと言いますと、

フィリピンへ「観光」ではなく、「就学」目的で入国をしていることを

フィリピン政府へ申告をしなくてはいけません。その為の費用になります。

費用の目安は学校により異なりますが、6500ペソ(約19,000円)になります。

 

2、ビザ延長費用(visa extention fee)

これは入国時、フィリピンに滞在できる期間が30日間と決まっております。その為、

例えば1ヶ月間の留学で、30日以内に出国することができる場合には、生じません。

しかし、30日以上、1ヶ月間以上、留学をされる生徒様は、このビザを延長しなく

てはいけません。受講期間により、ビザ延長費用も異なります。

1回目のビザ延長費用目安:3440ペソ(約10,000円):2ヶ月間受講のお客様

2回目のビザ延長費用目安:4710ペソ(約14,000円):3ヶ月間受講のお客様

3回目のビザ延長費用目安:2740ペソ(約8,000円):4ヶ月間受講のお客様

4回目のビザ延長費用目安:2740ペソ(約8,000円):5ヶ月間受講のお客様

5回目のビザ延長費用目安:2740ペソ(約8,000円):6ヶ月間受講のお客様

 

3、ACR-I card(外国人登録書)

こちらは59日間以上フィリピンに滞在される方が必要です。つまり2ヶ月間の

留学生の方は申請の必要はございませんが、9週間以上滞在されるお客様より

取得が必須になります。自分はフィリピン人ではなく、外国人であるという事を

証明するものになります。1つのIDになりますね。3000ペソ(約9,000円)。

 

4、寮保証金

これは日本でいう敷金のようなものです。退寮時に特にお部屋に破損などが

無ければ、返金となります。学校によっては電気代を除かれ返金となる場合も

ございます。保証金は学校により料金が大きく異なります。

 

5、電気代

フィリピンでは電気代が使用分(学校によっては定額)生じます。例えば、2人部屋

の場合には、1部屋の総電気代を2名様で分けてのお支払いとなります。

 

6、テキスト費用

これは文字通りテキスト費用です。レベルが変わったり、他のコースへ変更しますと

追加で生じます。

 

これらの金額が現地で生じます。必ず事前にチェックをしておきましょう。

 

2人部屋

 

 


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じたの情報を公開 » フィリピン留学、現地で生じる費用(SSP/ACR-I card)など。

PAGE TOP