「良い」「悪い」という単純な言葉にだまされるな!

フィリピン留学に限らず、今後の人生においても必要だと思う事です。

よく、お客様と留学相談をしていますと、他社様であの学校は「良い」
と聞いたので、、、あの学校で「悪い」という話を聞きます。

まあ、そこまではOKです。

そして私が、どの点が「良い」という説明を受けて、「良い」と感じられました?
又は逆のどの点が「悪い・よくない」という説明を受けて、「悪い」と感じられました?と聞きます。

そうすると、「良い・悪い」とだけ言われたようで、そのまま受け取っていらっしゃいました。

今後は、このような捉え方は止めましょう。そして、必ず理由を聞きましょう。
「なぜ?」これが重要です。

よく、ブログを見ていても、「良い」「悪い」という簡単な言葉で書かれているのを見かけます。

もちろん、それをそのまま信じる方は少ないと思いますが、私は危険だと思いました。

何でも良い・悪いの簡単な言葉で片付けれたら便利かもしれませんが、
単純になりすぎです。

人によって捉え方は様々です。Aさんがいるとします。BさんはAさんのことが好きですが、Cさんからすれば何とも思わないという事もありえますよね。それと一緒で、良い・悪いだけで、判断するのは危険です。

必ず、理由を聞いて、自分で判断しましょう!


トップページ » お知らせ » 「良い」「悪い」という単純な言葉にだまされるな!

PAGE TOP