タクシーのクラクションは2種類ある!?

フィリピンではタクシーで移動をされることが最も多いと思います。

そのタクシーですが、初乗りは30ペソ(セブ島)ととても安いです。日本円で60円ほどです。

それはいいのですが、タクシーのクラクションには2種類あるというのを覚えておいてください。ちなみに、音は一緒ですので、状況によって捕らえ方を分けてください。

1つめは、「タクシー乗らないか?」というものです。歩道を歩いていたり、歩道で立っていますと通りすがるタクシーがクラクションを鳴らします。これは、タクシー乗りませんか?という合図になります。

2つめは、「タクシーが通るから気をつけろ」というものです。フィリピンでは車線どおりに車は走りません。2車線でも4車線のようになったりするのは日常茶飯事です。つまり、運転は非常に難しそうに見えます。
そこで、このクラクションです。追い抜く場合に、クラクションを鳴らし、自分は追い抜くから気をつけろという意味で鳴らします。

これも日本との文化の違いですね。


トップページ » お知らせ » タクシーのクラクションは2種類ある!?

PAGE TOP