1日に学ぶ時間数が長い

Native Classこの学べる時間数が長いという事も英語力の向上に役立ちます。
その理由は英語を話す・聞くという時間を確実に確保することができるためです。ただし、あまりにも長い場合にはデメリットにもつながる場合がございます。

 
03056989このデメリットについては、他のテーマにてお話をさせて頂きます。

先ずは、この学べる時間数が長いという事に対してもう少し具体的に見て行きたいと思います。

 

IMG_7296先ずは、先進国留学との比較です。
先進国留学の場合、1日の授業スケジュールは、9:00~15:30が平均的です。もちろん途中にランチ休憩、授業と授業の合間にある休憩時間が入りますが、それを除いても学校に居る滞在時間の平均は約6時間30分ほどになります。

 

それに対し、フィリピン留学ですと授業開始が8時スタートの学校が多いです。遅くても9時にはどの学校もスタートしています。終わりの時間ですが夕食前までの17時頃まではどの学校でも授業を行っています。ここまでで約8時間となります。

 

IMG_4493この時間数で比較をしても、やはりフィリピン留学の方が長時間学べることができる=長時間英語を話す・聞くという事ができる=会話力を伸ばすことに繋がるという事が言えます。

 

この点でもフィリピン留学(セブ島留学)というのはお薦めという事が言えますね。

 


トップページ » フィリピン留学とは? » 1日に学ぶ時間数が長い

PAGE TOP