フィリピン留学の学校選びで悩んでいませんか?

IMG_2981フィリピン留学において、どの語学学校が良いのか、悩んでいるお客様は多いのではないでしょうか?

 

こんなお悩み抱えていませんか?
・語学学校の数が多くて、どの学校が自分に合っているのか分からない。
・何故、留学会社によってお薦めの学校が違うんだろう。
・留学会社の説明会へ行きすぎて逆に迷ってしまった
・資料請求をし過ぎてしまい逆に迷っている

 

どうですか?これ以外にも、たくさんの疑問点があり、皆さんを悩ませていると思います。

 

ここから先は、フィリピン留学で、しっかりと英語力(特に日常会話力)を身につけたい!と真剣に思っているお客様のみお読みください。

 

【真剣なお客様はINしてください。】  【真剣ではないお客様はOUTしてください。】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分で学校を絞り込める!過去の経験からも納得できる!失敗を避けることができる!

 

さあ、このページを見て下さっている真剣なお客様、ありがとうございます!真剣であるというのは本当に嬉しいことです。というのも、私はフィリピンはセブ島に住んでおりますが、毎年、遊びの学生が増えていると実感しているためです。英語力は身につかず、単に遊んで帰ってしまったというお客様を多数目にしています。

 

失敗しないフィリピン留学にするためにも、学校選びは本当に大切だと思います。

 

さあ、以下では、先ずはお客様自身である程度絞り込みができるという事を知って頂きたいと思います。しかも、お客様の過去の経験から絞り込むことができますので、納得して頂けると思いますし、自分自身で失敗のリスクを避けることができます。

 

先ずは、皆さんの過去の経験からの絞り込み方法です。

 

皆さんは過去に大学受験を経験したことはありますか?その時にことを思い出してみてください。どのように勉強をしていましたか?恐らく、毎晩、遅くまで机に向かって、バリバリと勉強をしていたと思います。恐らく今までの人生の中でMAXで勉強を頑張っていた時期ではなかったですか?

 

もちろん、英語の勉強もしていたと思います。さあ、思い出してみましょう。人生の中でMAXで頑張って勉強をしていた受験。その結果、英語を話せるようになりましたか?恐らく、100%に近い確率で話せるようになっていないと思います。

 

では、何かを変えなくてはいけません。何を変えればいいのでしょうか?それは勉強方法です。受験の時には机い向かってバリバリ勉強をしていたと思います。どのような内容を学んでいましたか?恐らく「単語・文法・読解」。この2つがメインではないかと思います。

 

そして勉強をしていない内容として「スピーキング・リスニング」があるのではないかと思います。

 

そう、正に、この勉強をしてこなかった内容こそを今度はメインで勉強していく必要があると言えます。同じ失敗を送り返さないためにも過去の経験をもう一度思い出してみましょう。

 

さあ、ここで学校選びになるのですが、大切なのは今まで勉強をしてこなかった「スピーキングとリスニング」。つまり、学校選びも、どの学校へ行けば、この「スピーキングとリスニング」ができるのかを考えればいいのです。そして、ここで大切になるのは授業以外の時間で考えて欲しいのです。授業中は嫌でも英語の先生が英語で授業をしますので、どの学校でも変わらず、授業中は「スピーキングとリスニング」ができます。そう、学校選びで大切なことは授業以外の時間です。この授業以外の時間に受験勉強で学んでこなかった「スピーキングとリスニング」ができる学校はどこなのか?という事を考えなくてはいけません。

 

調べる要素は2つだけです。
1、 日本人が少ない学校。日本人が多い学校と少ない学校、どちらを選んだほうが「スピーキングとリスニング」ができると思いますか?

2、 学校内は英語オンリーのルールが徹底管理されている学校。日本人が少ない学校はもちろんですが、それだけでも不十分です。日本人が少なくてもその少ない日本人で固まる可能性もあるからです。そこで次の要素として学校内では英語を使いましょうというルールが有る学校を選びます。

 

この1と2で学校をチェックすることで、かなり学校を絞り込みすることができると思います。先ず、ここまでやってみてください。これは、何も私が皆さんへ強制をしている訳ではありません。皆さんの、過去の受験勉強という失敗(英語を話せない)から学んで、同じミスを繰り返さないようという事で皆さん自身で納得できる考えであると思います。

 

 

ここまで調べると、結構、絞り込みができるともいます。そしたら、そこからは留学会社へ相談をしてみるといいと思います。リスクは自分自身で減らすことができています。

 

それでも、まだ、すっきりしないという方へ。

 

さあ、次の絞り込み方法です。

 

次のどちらの仕事を選択されますか?これは実際にワーキングホリデーで渡航をされるお客様、皆さんが考えられることであり、皆さんが同じ答えです。

 

仕事内容1:日本食レストランなど日本語環境の職場
仕事内容2:カフェなど英語環境の職場

 

例えば、ワーキングホリデーで渡航をする場合、海外で就職をする場合、どちらを選びますか?

 

先ず100%の方が2番目を選びます。そう、「英語環境」の方を選ばれます。

 

その理由は何故だと思いますか?英語環境の職場の方が英語を使う時間が多く、友達も外国人であり、英語力が伸びると思われるからです。そう「英語漬け」の環境が伸びやすいと思われています。

 

逆に日本語環境の職場だと、常に日本語を話してしまうため、英語が伸びないと感じられるためです。

 

そう、正におっしゃる通りです。ワーキングホリデーで日本食レストランなど日本語環境の職場で働かれたお客様は、皆さん英語を話せなく帰国しています。これが現実です。

 

さあ、ここで何が大切かお分かりになると思います。過去の受験での失敗と同様に、英語を話せるようになるためには、「スピーキングとリスニング」そして「英語漬け」になるという事が大切であるという事が言えます。

 

先ほどの2つの要素、覚えていらっしゃいますか?

 

・日本人が少ない
・学校内は英語オンリーのルールが有る

 

この2つの要素だけでもいいので、学校をチェックしてみましょう。かなり絞り込みができます。

 

ここまで自分で絞り込むことができれば、そこから先は留学会社へ聞いてみましょう。留学会社の方がお薦めできないと言っても、無視しましょう。英語を伸ばすための要素を皆さんは既に知っているという事、逆に留学会社の方が英語を伸ばす方法を知らない宇田家という事になります。

 

さあ、自分自身で失敗しない為の学校選びを実践してみましょう。

 


トップページ » フィリピン留学とは? » フィリピン留学の学校選びで悩んでいませんか?

PAGE TOP