フィリピンでホテルインターンシップコース

英語研修・ホテルインターンシップ~フィリピン・スービック~

 

スービックについて

001フィリピンで最も治安のいいエリア、それがスービックになります。スービックはフィリピンで唯一成功している経済特区内に位置しています。
スービックは、マニラ空港より車で約3時間、そしてクラーク空港より車で約40分ほどの場所に位置しています。
何故、スービックの経済特区エリアは治安が良いのでしょうか。
 
1、フィリピン人が誰でも入れないエリアである
002この経済特区内へ入るためには24時間管理されているゲートを通過しなくてはいけません。そしてフィリピン人がこのゲートを通過するためには、経済特区内で働いているIDを持っている人間しか入ることが、許されていません。つまり、すべてのフィリピン人が入ることができない唯一の場所です。
2、公共交通機関ジプニーも経済特区内へ入れません
003スービックの経済特区内は、フィリピンの公共交通機関、ジプニーも入ることが許可されていません。ジプニーが経済特区内では、立ち入り禁止の状態になっていますので、特区内は空気も非常に綺麗であり、渋滞もありません。
3、道路1つ取っても日本と変わらない環境
スービックの経済特区内は、道路1つ取っても日本と変わらない環境です。元々はアメリカ軍が駐留していた場所でもあり、現在は経済特区へ指定されており、フィリピン政府が外国人に最もフィリピンの良さを伝えたい場所の1つでもあるため、多額の費用を充て設備投資を行た場所でもあります。
4、ビーチがあり、自然が豊富、そしてアクティビティーも多数
04スービックは実はセブ島よりもビーチリゾート地です。今回の英語研修場所から車で約10分ほどの場所にビーチもあり、尚且つ、ビーチへのエントランス費用も300ペソ程度ということでセブよりも低価格で、そして気軽にビーチを利用することが可能です。またビーチだけではなく、研修先周辺は自然も豊富です。更にはアクティビティーも充実しており、動物園、水族館、アドベンチャーワールド、アイランドホッピング、ダイビングなど経済特区内で様々なアクティビティーへご参加いただけます。

 

フィリピンでの留学が人気の理由

2013年は25,000人、2014年は30,000人、2015年は35,000人、今年2016年は40,000人を超える日本人留学生がここフィリピンへ英語を学びに来られています。
 
その1:マンツーマンレッスン
フィリピン留学は海外英語留学では初めてマンツーマンレッスンをメインで取り入れたカリキュラムをご用意しています。とにかくマンツーマンで英語を話すという事にフォーカスを置いたレッスンになっています。
その2:少人数制のグループレッスン
人前で英語を話す事に慣れるという意味でもグループレッスンが必要ですが、フィリピン留学では、このグループレッスンも少人数制にし、話す時間を長く取ることが出来るように工夫しています。
その3:1日に学ぶ時間数が長い
フィリピン留学は授業が朝の8時から夕方の6時まで行う学校が多いです。学校により学べる時間数は異なりますが、1日平均8時間ほど学ぶことが出来ます。
その4:無料クラスも豊富
フィリピン留学は通常の授業以外にも無料クラスを設けている学校はほとんどです。無料クラスでは様々な選択科目を用意しており、皆様の希望される科目を受講することが出来ます。
その5:試験対策やビジネス英語も実施
フィリピン留学では会話力を伸ばすESLコース以外にもTOEIC・IELTS・TOEFLの各種試験対策やビジネス英語を学べるコースも用意しています。
その6:勉強に集中できる環境
フィリピン留学は寮滞在になり、食事の提供はもちろん、掃除や洗濯も全て学校側が行いますので勉強に集中することが出来る環境を用意しています。
その7:時差も少なく移動時間も短い
フィリピンと日本との間には時差がありますが1時間のみです(日本語午後12時の場合フィリピンは午前11時)。東京から人気の留学先セブ島までの移動時間も直行便を利用すれば4時間半という短い時間で行くことが出来ます。

 

研修校について

06Keystone International Language Center校は、スービックの経済特区内に位置しているフィリピンの中では最も治安のいい場所に立地している語学学校であるといえます。当校は州立大学であるBataan Peninsula State University(BPSU)の付属英語センターとして認可を受けておりますので、コース終了後には、BPSU大学の名前付きのCertificate(修了証)の取得が可能です。年間の総生徒数は約30名ほどで、日本人比率は約10%となります。学校自体は小規模校になりますので、アットホームな雰囲気で、生徒、先生、学校スタッフの距離が非常に近く安心して学んで頂ける環境になります。
英語コースですが、1日4コマのマンツーマンレッスンを用意しており、より実践で使える会話力を身に着けるためのカリキュラム設定になっています。グループクラスも他の学校ではなかなか目にすることができない、1対2(生徒さんが最大で2名)の超少人数グループクラスを
設けており、ここでも実践で使える会話力を身に着けるためのスピーキングをテーマにしたカリキュラムを設けております。

 

プログラム工程表

General Communication Skillsトレーニングコース(1コマ=45分)
マンツーマンクラス(1対1):4コマ
・Situational Speaking,Grammaer rules & Tips, Daily Writing Drill, Vocaspeaking
小グループクラス(1対2):1コマ
・Pair Work Speaking
大グループクラス(1対8):2コマ
・Tuning in Listening, Voice Mastery
無料クラス:2コマ
※オプション
A: Multimedia
Social Media English, Music English,
Movie English
B: Public Speaking
Debate, Speech, Presentation
 

1日のスケジュール

時間
7:00-8:00 朝食
8:00-8:45 1時間目
8:50-9:35 2時間目
9:40-10:25 3時間目
10:30-11:15 4時間目
11:20-12:05 5時間目
12:05-13:05 昼食
13:05-13:50 6時間目
13:55-14:40 7時間目
14:45-15:30 8時間目
15:35-16:20 9時間目
17:00-18:00 夕食

 

ホテルインターンシップについて

英語研修後は、スービックの経済特区内にあるホテルでインターンシップへご参加いただきます。スービックはリゾートエリアでもございますので、リゾートホテル(プール付き)内でインターンシップへご参加いただけます。仕事の内容ですが、初めの1週間は、ホテルに関するすべての業務に関する知識を得て頂くため、全てのセクションに関して体験をしていただきます。ベッドメイキングなども含みます。2週目からは、雑用(ベッドメイキング)を除き、全てのセクションをローテーション形式で体験して頂くようになります。

 

プログラム概要

開催時期:毎週月曜日
開催場所:フィリピン共和国、スービック
対象年齢:18歳~
最少催行人数:1名様より
語学研修について:マンツーマン授業を基本にした集中英語トレーニング
インターンシップについて:ホテルでのインターンシップ
宿泊:語学研修先の寮滞在(3人部屋・3食付き)

 

 


トップページ » インターンシップ » フィリピンでホテルインターンシップコース

PAGE TOP