日本資本と外国資本の学院の違い

「英語力を伸ばせる可能性が高いか低いか」というのが大きな違いです。

 

英語は面白いもので身に付けるための方法は1つしかありません。
それは常に英語環境の中に自分の身を置くことが出来るかどうか、
つまり英語漬けにできるかどうかが重要です。

 

その点で考えますと、授業中は嫌でも英語漬けの環境なので問題ありません。
実は大切なのは気にしなくてはいけないのが授業以外の時間です。
授業は英語を学ぶ場所です。
その学んだものを皆さんノートやテキスト名でにメモを取ります。

 

これが授業です。そして授業以外の時間で授業で学んだ英語を実際に
口に出して使わないと自分の身になりません。
それ故、授業以外の時間に英語を話す環境が用意されているかどうかが最も重要になります。
日本資本の学校はほぼ100%日本人学生しかいませんので、
授業以外の時間、英語漬けではなく日本語漬けになります。
これが最も良くない点です。

 

多くの日本資本に通われている学生は現地到着後に気づきます。
日本資本以外の学校は、日本人以外の学生もいますので、英語を話せる環境があります。
しかし、それでも日本人同士で日本語を使って話している学生もいます。

 

ここで最も良いのか何かと言いますと、学校内は英語オンリーのルールがあり、
しっかりと守られている学校に通うのがベストです。このルールを持っているのは、
セブ島であればWELTS、クラークであればCNK、イロイロであればNEOになります。
この3つよりご選択をして頂くのが理想であると言えます。特にWELTSとCNKはお薦めです。

 


トップページ » 今日あった質問コーナー » 日本資本と外国資本の学院の違い

PAGE TOP