フィリピン留学とワーキングホリデーのメリット・デメリットについて

この2つのプラン(フィリピン留学・ワーキングホリデー)でございますが、
メリット・デメリットとして考えなくてもいいのではないかと思います。この2つは、組み合わせることが効果を発揮するためです。

 

フィリピン留学が人気の理由は、費用を抑えて効果的に(時間を節約して)英語力を身につける事ができます。だからこそ、ワーキングホリデーを希望されていらっしゃるお客様は、ワーホリ前にフィリピンで英語研修をし、費用を抑え時間を節約してからワーホリへ旅立たれる方が多いです。

 

その為、2つのものをメリット・デメリットとして考えないほうが良いのではないかと思います。

 

尚、ワーキングホリデーは計画が重要です。99%の方が失敗しています。この失敗とは英語力が一切身につかず帰国をされている方が多いという事を指しております。ワーキングホリデーは1年間入国をしてから滞在することができる非常に自由があるビザとなっています。だからこそ計画が必要です。先ずは1年後の目標を決める必要があります。例えば、TOEICで900以上を目指す、日常会話では苦労をしない程度になっている、国際貿易に関する資格を得るなど、何でも良いです。先ずは目標を決めなくてはなりません。その目標と今現在のご予算より、逆算をして、プランを立てていくのが理想な姿であると思います。

 


トップページ » 今日あった質問コーナー » フィリピン留学とワーキングホリデーのメリット・デメリットについて

PAGE TOP