初心者のためのフィリピン留学情報

【フィリピン留学って何で人気になったの?】
先ずは、そもそもにフィリピン留学に疑問を感じているお客様も多いのではないでしょうか?
何でフィリピン留学なの?アメリカやカナダやオーストラリアじゃないの?

 

そう思われても仕方がないと思います。ただし、数年前までのお話では。
今は、正直、語学留学という事で考えた場合には(専門学校や大学留学は除く)、
フィリピンでの英語研修の受講が最も費用田効果が良いと言えるでしょう。
つまり、最も結果が出しやすいのはフィリピン留学と言えます。

 

では、何故、フィリピンでの英語研修がアメリカやカナダやオーストラリアと違って効果があるのか?
それを以下でみていきたいと思います。

 

その1、費用が安い
これはかなり大きなウエイトを占めると思います。以下、1ヶ月間留学した場合の費用で単純に
比べてみましょう。

セブ島留学                オーストラリア留学(シドニー)     カナダ留学(バンクーバー)

$1460(約15万円)            AU$3200(約32万円)         CA$2500(約24万円)
※入学金、授業料、滞在費、食費、     ※入学金、授業料、滞在費、食費、   ※入学金、授業料、滞在費、食費、
空港出迎えが含まれます。          空港出迎えが含まれます。     空港出迎えが含まれます。

 

如何にフィリピンでの留学費用が安いかご理解頂けると思います。たった1ヶ月間で、これほどの差が生じます。
2ヶ月、3ヶ月と受講期間が長くなると、更に金額の差が開く形です。
先ずは、この金額の差がフィリピン留学が人気となった一番大きな要因であることは間違いありません。

 

その2、マンツーマンレッスンが主体のフィリピン留学
先進国留学(アメリカ、カナダ、オーストラリアなど)の授業スタイルは全てグループクラスのみとなります。
その1クラスの平均人数も目安は15名程度です。では、少しイメージしてみましょう、
15名のクラスの中で皆さんが英語で発言することはできるでしょうか?
日本語でもシャイな日本人は発言するのが苦手であると思いますが、英語ですと更に言葉を発しません。
つまりグループレッスン主体の先進国留学では、なかなか言葉を発することができないため、
日本の高校などで授業を聞いている状況となります。それでは、なかなか会話力は伸びてこないことは想像しやすいと思います。
それに対し、フィリピン留学ですが、マンツーマンレッスンが主体となります。
マンツーマンレッスンはご存知の通り先生と1対1でのレッスン形式になりますので、
シャイな日本人にとっては、話しやすい環境です。尚且つ、相手が先生だと事前に分かっていますので、
ミスを恐れず英語を話す事ができます。
つまり、口に出して英語を話す時間が圧倒的に、先進国での留学とフィリピン留学とでは異なりますので、
フィリピン留学の方が、会話力は伸びやすいという事が言えます。

 

その3、1日に学べる時間数も長い
先進国留学(アメリカ、カナダ、オーストラリアなど)の場合、目安の時間帯ですが、
おおよそ午前9時~午後3時頃までが一般的です。約6時間ほど学校内に居ることになります
(もちろん間にはランチの時間や休憩時間も入りますが、それは含めないで考えます)。
それに対し、フィリピン留学の場合、学校にも寄りますが、朝8時~夜の6時までの約10時間ほどが授業時間となります。
約4時間ほどフィリピン留学の方が単純計算ですが、長く学べます。
長く学べる=英語を話す時間が長いという事が位目明日ので、やはり、会話力が向上しやすいという事が言えます。

 

その4、TOEIC等の試験対策にも強い
フィリピンでは、今、各(TOEIC、TOEFL、IELTS)試験対策にも力を入れています。
特にTOEICやIELTSの試験対策ではスコア保証するという点数保証コースを設けている
学校まで出てきているのが現状です。これも先進国留学にはない点です。

 

その5、寮滞在なので勉強に集中することができる
先進国での留学はホームステイ滞在が一般的であると思います。
しかし、ここフィリピンでは寮滞在が一般的です。その寮滞在では、何がメリットかと言いますと、
面倒な、掃除、洗濯、食事、全てのサービスが学校側より無料で提供されます。
つまり、生徒様は自分で何かをする必要がありませんので、
勉強に集中することができる環境であるという事が言えます。

 

大きく言いますと、この5つの点がフィリピン留学が非常に人気になった大きな理由です。

 

【都市はどうやって選べば良いの?】
都市選びですが、フィリピンでの主要な留学先は以下の都市です。
マニラ、セブ島、クラーク、イロイロ、バコロド、バギオ、ダバオ。
その他にも小さい場所はありますが、主要な都市はこちらの都市だと言っていいと思います。
1つ1つ特徴などを見て行きましょう。自分の性格よりどの都市が良いのか、考えてみましょう。

 

マニラ:
お薦めできない都市です。フィリピンで最も大きな都市になり、犯罪率が非常に高く治安も良くありません。
そして物価も最も高いため、学校が古いにもかかわらず料金が高かったり、
窮屈感を感じたりするような狭さだったりします。

 

セブ島:
フィリピンで最も人気のある留学先です。日本でも有名なリゾートエリアとして知られています。
その他、以下のような希望をお持ちのお客様にはお薦めです。どこが良いのか迷われた場合には、
先ずはセブ島がお薦めです。
・週末に海などへのアクティビティーへ出かけたい
・程よく都会であり、でも治安が良い
・週末は息抜きができる場所(ショッピングモールなど)が多い
・日本から直行便がある又は日本からのアクセスが良い
・数多くある語学学校の中から選びたい

 

クラーク:
クラークには注意が必要です。それは大きく2つのエリア、クラーク経済特別区内と区外に分けることができます。
この2つのエリアの顔は全く異なります。何が違うかと言いますと「治安」が全くと言っていいほど異なります。
お薦めはクラーク経済特別区内の事を指します。逆を言えば、区外の学校は選ばなくても良いです。
以下のような希望をお持ちのお客様にはお薦めです。
・自然が豊かである(緑が多い)
・治安が良い
・空気が綺麗
・アクティビティーができる(温泉、ウォーターパーク)
・ゴルフが好き
・おしゃれな店がある

 

イロイロ:
マニラから飛行機で約1時間ほどの場所、パナイ島にイロイロはあります。イロイロは田舎好きの方、
そして落ち着いて勉強をしたい方向けの場所です。週末にはギマラス島やリゾートでセブ島よりも
有名なボラカイ島へも行くことが可能です。以下のような希望をお持ちのお客様にはお薦めです。
・田舎が好き
・人が多くない街が好き
・でも息抜きをする場所がある(ショッピングモールがある)
・とにかく費用を抑えたい

 

バコロド:
マニラから飛行機で約1時間ほどの場所、ネグロス島にバコロドはあります。
バコロドは田舎で、緑が多く、のんびりと凄く事ができます。
イロイロと、イメージ的には変わらない街です。
以下のような希望をお持ちのお客様にはお薦めです。
・田舎が好き
・人が多くない街が好き
・でも息抜きをする場所がある(ショッピングモールがある)

 

バギオ:
バギオはマニラから車で約6~7時間ほどの場所に位置しています。
標高1500メートルあたりに位置していますのでフィリピンの中でも気候は涼しいというのが特徴です。
そして、ショッピングモールなども他のエリアに比べると多くはありません。
スパルタ的に学びたいというお客様にはお薦めのエリアです。
以下のような希望をお持ちのお客様にはお薦めです。
・暑いのが苦手
・スパルタ的に勉強をしたい
・遊びは全く必要ない

 

ダバオ:
ダバオは宗教上の紛争があり、日本政府からも渡航に関する注意が促された街になりますので、
今現在はお薦めしていません。

都市に関する簡単な概要は上記のようになります。選ぶとすれば「セブ島」「クラーク(経済特別区内)」「イロイロ」
この3つがお薦めになります。

 

【学校はどうやって選べば良いの?】
学校の選択は実は非常に簡単です。ただし、試験対策コース(TOEIC、TOEFL、IELTS)は別で、
ここでは会話力を身に付けるための留学という場合で考えたいと思います。
一番注意をしなくてはいけないのは「学校選択に時間をかけてはいけない」という事です。
時間をかけている、学校選びに迷っているという事は
=英語を身に付けるための方法をわかっていないという事になります。
そもそもに語学学校は色々な国に多数ありますが、お薦めできる学校はごく僅かです。
何故僅かなのかと言いますと、会話力を伸ばすことができる環境を用意しているのが僅かだからです。
その他の学校は言ってしまえば、パフォーマンス(イメージ)を売りにしている為、
一見、良さそうに思えますが、英語力を伸ばす環境という視点から考えますと、
全く正反対の環境を用意していることが多いです。
このパフォーマンスに絶対に惑わされてはいけません。迷った場合には、必ず原点に返りましょう。
その原点というは、英語力を身に付けるための方法です。

 

学校選択の方法としての結論は以下の通りです。
・日本人比率が少ない(30%以下が理想)
・学校内は英語オンリーのルールがある
・先生の質が高い

 

注意するのは、この3点です。上位2つの条件でチェックをするだけでもかなり絞り込むことができるはずです。
先ずは、この2点だけでもチェックしてみましょう。

 

【どの学校がお薦めなの?】
ズバリ結論から言います。
【セブ島】
WELTS
【クラーク】
Osaka International Academy
CNK
【イロイロ】
NEO

 

この4校になります。よく、その他にお薦めの学校はありますか?という質問を頂戴するのですが、
お薦めの順番でご紹介をさせて頂いておりますので、次は2番目という事になり、
1番目にお薦めする学校に比べると確実に劣るという事が言えます。
そして何故、劣るのかという事もしっかりと理由をつけて説明をすることができます。
比較をされたい方は是非、お問い合わせください。

 

【費用を安く抑える方法は?】
費用を安く抑える方法ですが、以下の方法でしかありません。
・寮のお部屋タイプで、できるだけ人数の多いお部屋タイプを選択する
・航空券もLCCなど安いものを選ぶ
この2つになります。

 

【何か特典はないの?】
特典としては、キャンペーン特典がございますので、
当社キャンペーンのページにてご確認くださいませ。

 


トップページ » 特集 » 初心者のためのフィリピン留学情報

PAGE TOP