本当の意味での渡航準備とは何でしょう?

夏真っ盛りの8月。すでに7月中から暑かったですが体調は大丈夫ですか?
しっかりと食事を取り、水分を取り、睡眠を取り、夏を乗り切りましょう。

 

この時期になりますと秋頃の出発について申込みされる方が増えてきます。
留学エージェントの仕事を始めて10年くらいになりますが、他人よりも少しでも良い経験をされるには『準備』される時期にも大きな差が生まれると思っています。

 

いや、結果としてその通りであると言えます。

 

 

IMG_8429

 

では、まず『準備』とは何でしょうか? 留学やワーホリに関する手配関係がそれに値すると思う方は多いです。 もちろん、間違いではありません。

例えば、語学学校・滞在先・航空券・保険・ビザなど。 このような手配関係は必要不可欠。

しかしこれはみんな共通して行うこと。 留学やワーホリをしようと思えば誰しも用意することです。

 

他人と差をつける『準備』というのは2つあります。

 

1つは『英語』などの学習を出発までの間にどれだけできるか。 学習・勉強と言いますと三日坊主のように続かないことが多いです。

日頃の生活で精一杯という方も少なくありませんから、「勉強時間が取れない!」と言われる方も少なくありません。 では勉強だと思わずに英語に触れる、これだけでも十分です。 つまりは毎日コツコツと英語に触れてみるということが大事です。 その勉強方法は留学相談や説明会でいつでもお話します。

 

2つ目は先ほどの手配関係をなるべく早く済ませること。 留学やワーホリをしようと思ったら、いつかは決断し手配を依頼されないといけません。 いつか決断されるなら早くても良いですよね?

 

1年も前から決める必要はないと思いますが、半年前から決められる方はいます。 決断が早く、その決断に自分の責任としっかり捉えられる方は、海外でも同じことができます。

また、早く決断し行動できるということは前述の勉強についても、早くから実行できるということ。 早めにプランニングできれば、余裕をもって準備、行動できます。

 

ただ海外へ行かれるのでしたら、旅行で十分です。 けど、せっかく貴重なお金や時間を費やして留学やワーホリされるのでしたら、やっぱり結果を得たいものです。 海外生活をしたら、英語が伸びる、良い仕事に就ける、というのは違います。

 

頑張った分だけ成果は付いてくるものです。 頑張り方のアドバイスは喜んで相談にのります。

思い切って決断して良かった!と言ってもらえる留学・ワーホリをしてもらいたいと思います。


PAGE TOP