日本人経営の語学学校に関する私の考え

先日、日本人経営の語学学校を5校ほど訪問いたしました。
・AGESL
・3D
・CAEA
・Brilliant
・MBA

 

全ての学校において特徴が出されていました。

 

そして見学をした結果、私が感じた事は日本人経営の学校は主に以下のお客様へ向いています。
・シニア層(仕事で英語を使うというよりも今後外国人とコミュニケーションと取るために英語を学びたい)
・英語を学ぶ環境よりも食事とお部屋を重要視したい

 

先ずシニア層ですが、韓国系の学校に比べると寮のお部屋もホテル並みに綺麗であるため快適であること、
そして食事も日本人の口にあうような味付けであること。これが大きな理由ですね。特にシニア方でも年齢が
高めの方は生活環境を重要視する必要があると思いますので、そう感じました。

 

英語を学ぶ環境よりも食事とお部屋を重要視したいという点ですが、どうしても日本人が100%であり、
学校内では日本人同士、日本語を話すという環境です。これは仕方がありません。その為、しっかりと
英語を身に付けられたいという方へは不向き(英語力が上がるスピードが遅くなる)だと思いますが、
その環境よりも、お部屋の綺麗さ、食事のおいしさを重要視されたいというのであれば、日本人経営の学校は
素晴らしいと思います。

 

見学をして、本当に良かったと感じました。近日中には、日本人経営の語学学校紹介もサイト内にて
掲載されますので、お楽しみに!

 


トップページ » フィリピン留学トピックス » 日本人経営の語学学校に関する私の考え

PAGE TOP