セブ島・マクタン国際空港は狭い

今日はセブ島にある空港、マクタン国際空港に関するお話です。
セブ島へ留学に来られるお客様が、先ず必ず最初に受けて頂くサービスが
「空港出迎え」になります。

 

この「空港出迎え」は非常にシンプルな内容です。
1、 事前に皆さんがセブへ到着される際のフライト情報(到着日・航空会社名・便名・到着時間)を学校へ伝える
2、 皆さんが到着される当日に、通われる語学学校の担当者が空港までお迎えに上がる
3、 皆さんを学校の寮までお連れする
こんな感じの内容で非常にシンプルです。先ず、間違いが起こることはありません。

 

必ず出発前に万が一空港出迎えスタッフに会えなかった時のための緊急連絡先、そして当社で言えば、
当社の現地スタッフの緊急連絡先をお渡しさせて頂き、2重で対応ができるようにサポートをさせて
頂いております。

 

さあ、その「空港出迎え」ですが、心配されるお客様も多いです。当然だと思います。特に皆さんの
セブへ到着するのが深夜の時間帯であれば、尚更心配だと思います。

 

しかし、今日、この記事を読んでいただければ、少しでも安心して頂けると思います。

 

先ずセブ島の空港ですが非常に狭いです。日本の地方空港と同じレベルです。地方空港と言っても本当に
地方で青森空港とほぼ同等の規模です。イメージしやすいのではないでしょうか。

 

ほぼ多くの留学生の方が「国際線」でセブへ到着されるケースが多いため、国際線でのお話を
させて頂きますと、到着後は、以下の流れとなります。

 

<セブ空港到着から空港出迎えスタッフに会うまでの流れ>
1、 入国審査を済ませる
2、 荷物を受け取る
3、 税関を通る
4、 外に出て空港出迎えスタッフを探す

 

この4つの手順のみです。セブの空港の場合、国際線出口は1ヶ所しかありません。必ず、皆さん同じ出口より
外へ出る状況です。出口を出る前に両替所があり、結構、うるさく両替をしろというようなことが聞こえますが
これは無視してください。

 

さあ、外の出てからです。ここだけ注意をして頂ければ先ず問題ありません。

 

外に出ますと目の前に道路があります。道路を挟んで向う側にもロビーがあります。皆さんが出口より出られる側が「到着ロビー」そして、道路を挟み、向う側に見えるのが「出発ロビーです」。そして空港出迎えですが、各語学学校の担当者の方は、道路を渡った向う側、「出発ロビー」に居ます。

 

道路さえ渡って向う側へ行って頂ければ、目の前には、各語学学校のスタッフが、自分の学校のプラカードを持って立っていますので、後は、自分が通う学校の名前が書かれたプラカードを見つけるだけです。

 

非常にシンプルです。

 

セブの空港は本当い狭く、出口も1ヶ所しかありませんので、ご安心して頂ければと思います。

 

 


トップページ » フィリピン留学トピックス » セブ島・マクタン国際空港は狭い

PAGE TOP