【留学体験談】MONOL

フィリピンについてはセブくらいしか知らなかったのですが、いろいろと調べてエージェントに教えていただいたのがMONOLでした。他の学校よりも比較的費用が安かったのと山岳地帯ということで涼しい、生野菜を食べることができる点からMONOLに決めました。

 

授業は当然英語で行われるので単語の意味が分からなかったり、文法の訳し方が分からない時に、「日本語で説明してほしい!」と思うときもありましたが、先生たちは他の表現をつかって噛み砕いて説明をしてくれました。先生と生徒も対人関係なので、合わない先生がいたりするのかも知れませんが、学期中でも変更が可能なようです。「グループクラスでは自分から発言をしていかないと話す機会が減るかも…」と少し心配でしたが、先生が均等に生徒に話を振ってくれたので、グループクラスだからといって全然話さなかったということはありませんでした。

 

どの先生もやさしくて他の生徒より理解の遅かった私にもきちんと教えてくださったり、絵を描いて話の概要を丁寧に教えてくださいました。逆に私が話す際にも文法がぐちゃぐちゃだったり単語が分からず、他の言葉や身振りで説明しても最後まで聞いてくれて、正しい文法や単語、表現を教えてくださいました。

 

部屋は人数によって感じが全く変わると思います。Wi-Fiは日本に比べると弱いし、使える場合も限られていますが、最低限の連絡を取るには困ることはありません。トイレ・洗面は、バギオのどこよりも学校が断トツで綺麗です。食事は来た当初は韓国資本だから辛いものが多く感じましたが、韓国人の生徒が多くないので、食事も変化してきていると感じました。

 

宿題や授業の予習・復習で1日3時間ほどは自習をしていました。短期間の留学でも他の国よりも安価で来られるので、迷っていたらとりあえずフィリピン留学してみるのもありじゃないかと思います!

 


トップページ » フィリピン留学体験談 » 【留学体験談】MONOL

PAGE TOP