フィリピンへ荷物を日本から送る際の注意点

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

日本からフィリピン(セブ島)へ荷物を送る際の注意点です。この荷物を

送ることに関しては、実際にフィリピンへ到着されたから、良くある

質問の1つになっていますね。

 

■日本からフィリピン(セブ島)へ荷物を送る際の注意点

利用してはいけない会社:郵便局

利用しても問題のない会社:DHL/Fedexなどの民間の会社

 

この違いは何でしょうか?答えは留学生の皆様が滞在されるその滞在先(寮)

まで荷物が届くのか、届かないのかの違いです。当然、荷物は、皆様が

滞在される寮へ直接、届くのが理想ですよね。便利ですし、楽です。

その場合には、日本からは郵便局ではなくDHLなどの民間の郵送会社を

利用してください。

 

日本から海外へ荷物を送る場合、何となく郵便局で送るのが一番安心

だし、ご両親へ頼みやすいイメージがありますが、郵便局だけは利用するのは

避けましょう。

 

もし、郵便局で荷物をここフィリピンへお送りした場合ですが、荷物は皆さんが

滞在されている寮へは届きません。寮へは通知書が届くのみです。その通知書

には、日本から届いた荷物を預かっているので、フィリピンにある

中央郵便局まで取りに来てくださいという内容です。これまた面倒です。

 

郵便局へ行く必要もありますし、その際、何かしら何が届いた?のだの

質問を受けることもありますし、場合によっては、税金まで取られたりと、、、

本当に面倒なんです。時間とお金の無駄になります。しかも、その通知書が

届かない限り、荷物が本当にフィリピンへ届いたのかどうか、分かりません。

かなり不安な気分になります。

 

それ故、もし、日本から荷物をフィリピンへ送る場合には、民間の郵送会社

を利用して頂く事をお薦めいたします。

 

追記で、逆にフィリピンから日本へ送るときも郵便局を使うのは

避けましょう。日本へ届かない場合もあります。以前に、届かないという

通知が日本からあり、郵便局へ行ったところ、まだ陰の方に荷物が

置きっぱなしの状態であったという事もありました。

 

フィリピン(セブ)から日本へ荷物を送る際にも、民間の郵送会社を

利用しましょう。DHLなどは最寄りのショッピングモール内などにあります。

 

264


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じた情報を公開 » フィリピンへ荷物を日本から送る際の注意点

PAGE TOP