フィリピン留学に限らず留学・ワーホリの方へお薦めしたい心構え

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

 

フィリピン留学に限らず、海外留学・ワーキングホリデーで、これから海外へ
渡航されるお客様へ、心構えについてアドバイスをさせて頂きます。

 

 

ただし、海外留学・ワーキングホリデーへは「英語を身につける為に渡航をする」

という目的をお持ちの方のみに該当します。遊びも含めたいわゆる「遊学」の

方はこの先は見る必要がありません。

 

 

さて、「心構え」です。結論ですが「英語は本当に自分の努力、頑張りに

直接、反映される」つまりは「頑張ったものだけが、英語力を得ることが

できる」という事になりますので、「とにかく自分でベストな環境を

作り出す」という事です。

 

 

お客様の中には、「海外へ行けば英語が自然と伸びる」「長期でワーホリで

滞在すれば英語が伸びる」「マンツーマンで英語を学べば自然と伸びる」」と

思われている方がいらっしゃいます。それは間違いです。この内容に共通

しているのは全て「受身」です。自分から行動をするのではなく、向こう側

から英語力が身に着くというをの待っているだけになります。

 

 

正直、「受身」の発送では英語は伸びません。むしろ過去の先輩同様に

「失敗」するでしょう。

 

 

英語は面白いもので、受け身ではなく積極的に動いた方が早く身につきます。

具体的には、できる限り、英語を話し続け・英語を聞き続けるという事です。

この環境が残念ながら、待っていても向こうから来ることはありません。

そう、自分から動いてこの環境を作る以外に方法はないんです。

 

 

つまりは、この環境を作ることができたものだけが成功するという事が言えます。

今日も朝、某語学学校で生徒様の様子を拝見させて頂きましたが、面白い

もので、全て、同じ国籍同士の方が同じテーブルに座り、母国語で話を

されています。これでは、正直、英語は伸びないですね(笑)。

 

 

何をしに、ここフィリピンへ来られているのか、、、時間を使い、そして

安くはないお金まで使っているのです。何故、努力をしないのか?

もの凄く不思議で仕方ありません。恐らく彼らはマンツーマン授業を

受けていれば英語が勝手に伸びると思われているのでしょう。でも、

伸びないでしょう。その時にどう思うのでしょうか?学校が悪い?

先生が悪い?という事を言い出すのでしょうか?

 

 

これからフィリピンへ来られる皆さんには是非、知って欲しいです。

英語を身につける環境は「自分で」作るものであるという事です。

 

DSC_0006

 

 


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じた情報を公開 » フィリピン留学に限らず留学・ワーホリの方へお薦めしたい心構え

PAGE TOP