日本とは異なるフィリピンでは当たり前の事

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

国も違えば文化・習慣も違う。だから海外で生活をするのは楽しいと

思います。そう、その意味で考えると、ここフィリピンにも日本では

無い習慣?がございます。それは何かといいますと、トイレに関する内容

です。

 

日本の場合、トイレで用を足した場合、トイレットペーパーはどこへ

捨てますか?そう、便器へ捨てるのが当たり前だと思います。しかし、

ここフィリピンは違うんです。便器へ紙を捨ててはいけません。紙を捨てて

しまいますと便器が壊れてしまう(詰まって)可能性が出ます。

 

では、フィリピンでは、どうするのか?と言いますと、便器の横に、

ゴミ箱が置いてありますので、そのゴミ箱へ紙くずを捨てるのが通例です。

どの語学学校にも、便器の隣には、このゴミ箱がありますし、語学学校

だけではなく、シッピングモール内、空港内、レストラン内、カフェ内

など何処の場所のトイレへ行っても一緒です。

 

また、日本ではトイレットペーパーが基本的にはトイレ内に備え付け

られているのが一般的ですが、ここフィリピンでは逆に、備え付け

られていないケースが一般的です。その為、お出かけをされる際には、

必ずトイレットペーパーを持ち歩くようにするのが一般的です。もちろん、

トイレ内にトイレットペーパーの自動販売機があり、確か5ペソ(約15円)

で購入することができます。

 

このトイレの事情にしても日本とフィリピンとでは異なります。この違いが

面白いですよね。

 

皆さんは、このような文化・習慣の違いを楽しむことはできますか?

 

「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、海外へ自分の希望で

移ってきたわけですから、日本とは比較をせず、フィリピンのありのままの

文化を受け入れましょう。そうすることで無駄なストレスを抱え込む

必要がありません。

 

良く、常に日本比較をしフィリピンはダメだ…的なことを仰る方を見かけ

ますが、これは、あまりよろしくないと思います。日本と比較をし、

日本が良いと思うのであれば、日本にそのまま滞在していればいいのでは

ないでしょうか?

 

ここはフィリピン。日本ではありません。先ずはその文化をしっかりと

理解してあげる心が必要になると思います。

 

シャワー・トイレ


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じた情報を公開 » 日本とは異なるフィリピンでは当たり前の事

PAGE TOP