何で勉強してこないの?フィリピン留学失敗組が、やはり失敗する理由

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

フィリピン留学で失敗する人が増えているという事は度々お伝えしてきました。では、

何故、失敗組の方は失敗してしまうのか?その1つの理由をお伝えしたいと思います。

最大の大きな理由は「甘え」から来ていることは間違いありません。そして「目標」を

失っている、持っていなかったというのも大きな理由です。

 

では、その「甘え」を細かく見た場合の1つに上げることができる失敗理由をお伝えします。

 

それは「出発前の勉強を怠っている」というのが大きな理由です。これも大きく言えば

「甘え」から来ています。「フィリピンへ来てマンツーマンを受ければ伸びるだろう」

「フィリピンへ来て長時間授業を受ければ伸びるだろう」「フィリピンへ来て外国の

環境に自分がいれば勝手に伸びるだろう」このような考えをお持ちの方、結構、

いらっしゃるのではないでしょうか?お客様の目線で考えた場合、このパターンは、

仕方は無いと思います。このように思われるのも普通かもしれません。

 

そこで、留学エージェントさんの力量と言いますかお客様へ対する愛情が関わって

くるのですが、そのまま行けばなんとかなる的な、マンツーマンを多く受けることで

英語力が伸びる的なことをお伝えしているのであれば、やはり失敗するでしょう。

お客様に対する愛情が無いという事が言えます。

 

何故か、そんな甘くはないからです。日本滞在中は朝起きてから夜寝るまで基本的には

日本語漬けの環境だと思います。テレビでもラジオでもインターネットでもお友達とも

ご家族とも使う言葉って「日本語」ではないですか?そう、日本語漬けなんです。

日本に居れば日本語漬けで良いです。周りが英語を使う事は無いと思います。

 

しかし、フィリピンへ到着をしますと全てが英語漬けになります。そういつも聞いていた

言葉が突然「英語」になります。いつも話していた言葉が「英語」になる訳です。

これには、ついていくのが難しいです。その為、出発する前から訓練をするのが必要です。

出発する前に「英語の勉強」をしないと現地到着後に苦労をするという事が言えます。

 

勉強をしてこないからこそ、現地到着後に「先生が何を言っているのか聞き取りが

難しい」「英語で話すのが難しい」という現象が起こります。そこで、更に

「甘え」が出ます。日本語を使っちゃえと言う甘えですね。周りの学生も日本語を

使っているから、それに便乗をしてしまえというものです。これ一番楽ですよ。

日本に居る時の環境と一緒ですから。しかし、よく考えて欲しいのは、何をしに

フィリピンへ来られたのか?という事です。

 

日本と同じ環境に居たのでは英語は話せるようにはならないですよ。その為、英語を使う

環境を用意している語学学校を選ぶべきであるという事ではありますが、今日は「甘え」

「事前の勉強の必要性」に関する話題でありますので、その視点で考えますと、やはり

出発する前から勉強を怠ったために現地で苦労をしてしまっているという事が言えると

思います。

 

少しでも日本で勉強をしていれば、その苦労は減らすことができていたかもしれません。

 

これから留学をしに来られる方は是非、事前勉強をしてください。

 

Pattern Class


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じた情報を公開 » 何で勉強してこないの?フィリピン留学失敗組が、やはり失敗する理由

PAGE TOP