フィリピン留学を春休みにご希望されているお客様へ

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

春休み(2016年2月~3月)にフィリピンでの英語研修を希望されているお客様、

多いのではないかと思います。確かに春休み留学のお問い合わせがどんどん増えています。

春休みの留学の場合、受講期間はおおよそ1ヶ月間(4週間)を希望される方が多いですね。

もちろん、大学の休みの時期を考えますと、4週間ほどしかお休みを取るのが難しいと

思われます。

 

さて、この4週間という留学期間ですが、どのような経験をして頂きたいか、当社ならではの

考えをお伝えいたします。正直、4週間(1ヶ月間)という期間では、英語力はそれほど伸びません。

もちろん、日常会話力を身につけるのも難しいですし、ペラペラにもなりません。

 

しかし、この4週間、しっかりとした目標を持って、しっかりとした学校を選んで頂ければ非常に

素晴らしい体験を持つことが可能です。具体的には、「外国人の友達ができる」「英語を話せれば

もっと楽しくなるのにという英語に対する考えが変化する」「英語ってこのように学べば効果的かもと

自分自身で何が英語を学ぶうえで大切か判断することができる」。このような体験を持つことができます。

 

先ず「外国人の友達ができる」という点ですが、これは留学の1つの大切である重要な醍醐味です。

海外留学って英語を学ぶ場所でもありますが友達を作る場所でもあります。特に外国人の友達ですね。

その為、色々な国から留学生が来ている語学学校を選ぶというのは1つの選択肢として非常に重要だと

思います。そして外国人と友達になると何が良いか分かりますか?先ずは英語のレッスンになります。

え??レッスン???そう思われるかもしれませんが、非常に良いレッスンになります。多くのお客様は

facebookやLINE等を利用されていると思います。それで30名と友達になります。30名と友達になり

1日1人の友達とチャットをしたり、無料通話をすることで英語力維持を自分自身でできます。

勝手にオンラインレッスンを自分自身で作ることができるという事です。そして友達になりますので

話すのも面倒ではなく、楽しい会話になります。この英語力いじってもの凄く大切になります。

その為にも外国人の友達を作ることは重要だと言えます。

 

次に「英語を話せればもっと楽しくなるのにという英語に対する考えが変化する」という事ですが、やはり

現実を知ることができます。授業中もそうですし、授業以外の時間も英語が話せれば、もっと先生と

楽しく色々な会話ができただろう、もっと友達もできただろうという感覚を得ることができます。これって

非常に大切で、日本語ばかり留学中に使っていると、この感覚を持つのが非常に難しくなります。

結果、帰国後、楽しい留学だった、こんなもんだろうという事で、英語の勉強に活かすことができません。

しかし、もっと話せればという感覚を持ちますと、帰国後の勉強に対するモチベーション、姿勢に変化を

持つことができます。これも英語を身につけるうえでは重要なポイントになります。

 

最後に「英語ってこのように学べば効果的かもと自分自身で何が英語を学ぶうえで大切か
判断することができる」。これが最も重要です。出発前はフィリピンでマンツーマンを受ければ

英語は勝手に上がるだろうと思われるお客様が多いと思います。しかし、現実には違います。

本当に英語力上がったの?と感じると思います。そうです。マンツーマンレッスンを受けても

英語力が上がった実感を持つのが難しいです。そこで自分自身で内が大切かを知ることが

できます。ただし、ちゃんとした環境の学校を選ぶのが重要です。良い環境の学校を選ばないと

こんなもんだ、、、、という事で諦めが入ります。でもしっかりとしか環境の学校さえ選んで

頂ければ、日本へ帰国をしても、こうやって勉強をすればいい、次はこの環境を用意

している学校を選べばいいと判断することが可能です。ただ留学はリピートするのが難しいので、

初めから良い環境の学校を選ばれるのがベストであることには間違いありません。

 

これが春休みの留学で体験して頂きたいなと思う事になります。

 

学校

 


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じた情報を公開 » フィリピン留学を春休みにご希望されているお客様へ

PAGE TOP