セブ島での親子留学の学校選びのポイント(トラブルから逆算して考える)

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

親子留学のお問い合わせも続々と増えていますね。やはり日本人の場合には、春休み、

夏休みといったお休みの時期に渡航されるお客様が多いですね

 

さあ、その親子留学でも「学校選び」に迷われているお客様が非常に多いと

感じています。その気持ち良く分かりますね。語学学校がたくさんありますので、

どれが良いんだろうか???もっといい学校があるのではないか??そう思うのは

普通かもしれません。

 

しかし、親子留学の学校選びは実はものすごくシンプルです。最も多いトラブルより

考えていけば、自然と絞り込みが可能となります。誰でも海外へ留学へ行ってまで

他人とトラブルは起こしたくない、そう思われると思います。であれば、今までの

親子留学で最も多いトラブルを避けることができる学校から考えていくことで満足度を

上げることができるという事が言えると思います。

 

では、親子留学において最も多いトラブルは何でしょうか?それは「声に関するもの」に

なります。特に春休み・夏休み時期というのは大学生など一般の学生も多い時期になります。

語学学校が分からしますと最も忙しい時期になります。とにかくいつもよりも人が多いという

事です。そして、多くの語学学校の場合、寮の建物が1つになりますので、親子留学者の

隣のお部屋には一般学生が宿泊という事が普通にあり得ます。ここで問題が起こるのです。

 

一般学生が分からしますと「朝早くから子供の騒がしい声が響いてうるさい」「子供の泣き声が

うるさい」というクレームが出ます。逆に親子留学が分からしますと「夜中まで音楽の音でうるさい」

「夜中まで話し声が聞こえてうるさい」というクレームが多くなります。お互いに「音」に関するクレーム

を抱えています。

 

しかし、この問題解決する方法というのは普通の語学学校の場合には、難しいのです。

そこで、解決をするには、どうしたらいいのかと言いますと物理的に親子専用の寮と

一般学生向けの寮を分けている語学学校を選ぶことで、この問題を解決することができます。

実際、寮を分けている学校有るんです。数に限りがありますが、しっかりと分けているんです。

それだけでもダイブ絞り込みが可能となります。

 

そして次に考えなくてはいけない点は、「立地場所」になります。親子留学の場合、一般学生とは

異なりまして、授業時間数が短い場合が多いです。と言いますのもお子様は長い時間、授業に集中

することができないためです。授業時間が短い、つまりは空き時間が多くなるという事です。

空き時間が多くなりますと学校内にこもっていても退屈になりますので、出かけることを考えます。

 

はい。ここで立地場所が非常に大切になります。立地場所が悪いと移動時間もかかりますし

移動費用も掛かります。当然、子供は待つのが面倒ですし、タクシーの中で子供に泣かれては

親も大変という事情がございます。そう、この立地場所も実はものすごく大切であり重要なポイント

になります。

 

子供は遊ぶ場所が大好きです。遊ぶ場所は何処にあるかと言いますと現状、ショッピングモール

になります。そのショッピングモールはセブシティーの方に多く集中していますので、学校は、

セブシティーにある学校を選ぶべきであると思います。マクタン島を選んだ際には、大変です。

タクシーは見つからない、移動時間が長い、移動費用は掛かる。親子留学者に寄りましては、

問題だけが生じることになります。

 

さあ、今2つ。寮と立地場所。この2点だけでも調べてみてください。相当絞り込みをすることが

可能となります。是非一度、試してみてください。

 


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じた情報を公開 » セブ島での親子留学の学校選びのポイント(トラブルから逆算して考える)

PAGE TOP