親子留学で大切なこと、それはパスポートの「名前」。

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

親子留学で渡航をご希望のお客様、どんどん増えていますね。しかし、渡航前に

大切なことをお伝えいたします。それは何かといいますとパスポートの「名前」に

なります。こんなことがありうるわけです。

 

例えば、お母様は結婚を機に、苗字が旦那様の方に変わることが今のところ一般的です。

お子様の場合、生まれますと、その旦那様の苗字なりまして、その苗字でパスポートを

作られるわけです。しかし、お母様の場合、パスポートの有効期限前の場合、苗字を変更する

という事は、先ずなかなかしないのではないでしょうか。

 

そう、問題はここの苗字になります。フィリピン留学の場合、未成年者(14歳以下)のお子様が

単独でフィリピンへ入国することができません。つまり、お母様などが親子留学の場合、一緒に

渡航をされるのですが、そのパスポートの苗字が異なりますと飛行機におることができません。

 

うっかりミスとはこのことを指すのだと思いますが、この変更をしなかっただけで飛行機へ乗れない

となると大変じゃないですか。航空券を再取得しなくてはいけません。

 

その為、もし、お母様苗字がお子様の苗字とパスポート上、異なる場合には、一度

パスポートセンターへ行って頂きまして、苗字の変更をお願いするようになります。

 

これ実は、意外と知られていない事実になりますので、必ずご注意くださいませ。

 

084


トップページ » フィリピン留学情報センターより日々感じた情報を公開 » 親子留学で大切なこと、それはパスポートの「名前」。

PAGE TOP