発音に関して

こんにちは!フィリピン留学情報センター、セブオフィスです!

 

よくある質問の1つに「フィリピンで英語を学んで発音の方は問題ないですか?」という

ご質問を頂く事があります。

 

結論は、「中上級レベル以上になるまでは気にするな!そして長期で海外に滞在できないので

あれば気にするな!」です。

 

先ず、私も発音の授業を取ったことはありますが、とても面白いし、確かに徐々にですが改善

されていくと思います。

 

しかし、発音を気にする前に先ずはコミュニケーションを取ることが大切です。コミュニケーション

を取ることができずに、発音を気にする必要はありません。何故か?分かりやすい例です。

 

I want to eat rice.

 

誰でもわかる英語じゃないですか。発音レッスンで考えた場合、「R」と「L」の違いが

ありますが、この文章で、riceという単語がありますが、発音がおかしくliceとなったと

します。でも、普通に考えてみましょうよ。食べたいと言っているのだから、普通に常識

的に考えれば「ご飯」と考えるでしょう。誰も発音が違うから「しらみ」を食べたいなんて

思わないと思うんです。

 

間違えたからって、「しらみ」を本当に出しますか?そんな人はいないと思うんですよね。

 

先ずは、コミュニケーションをとることができるように頑張りましょう。そして、既に英語力が

中上級レベルの方、そして長期に海外に滞在できる方は、発音を気にすること、そして、

矯正のためのレッスンを取ることはお薦めです。ある程度話せれば、次は発音のステップへ進ん

でも問題ないと思います。ただ、ポイントは長期滞在ができることです。

 

短い期間ですと、矯正自体が難しいです。というのも、口の筋肉が関わります。既に我々の

口の筋肉が日本語を話す筋肉になっているのです。それをほぐして、英語の口の筋肉にも

変えようとするわけですから、時間がかかります。

 

その為、発音矯正は、長期間海外に滞在できる方、そして、既に中上級レベルの英語力が

ある方には、お薦めできます。

 

そして、そもそもに日本人が話す英語は日本語英語です。韓国人が話す英語は韓国英語。

そんなもんですよ。でも会話は普通にできていれば問題ないじゃないですか。

 

写真はマンツーマンクラスのお写真です。

教室1


PAGE TOP