ちょっと違うぞ!?フィリピンでのトイレの使い方

 

留学生がフィリピンへ来てまず驚くのがトイレの使い方でしょう。留学前に

事前の説明もあるかもしれませんが、実際に現地へ到着をしてトイレを利用すると

実体験として改めて違和感を感じるかと思います。

 

トイレは日本と一緒ですが、日本と異なる点は「トイレットペーパーを便器に

流せない」という事です。正確には流すことはできますが、詰まるケースが多々

あります。

 

その為、フィリピンではトイレの横に必ずゴミ箱が備え付けられており、そのゴミ箱へ

トイレットペーパーを捨てるようにと誘導されています。

 

日本ではそのまま流すのが普通なので、このゴミ箱へ捨てるというのは、慣れるまでは

抵抗があるかもしれません。しかし、これはフィリピンの習慣でもあります。

 

語学学校の寮のトイレだけではなく、ショッピングモール、レストラン、カフェ、

ホテルのトイレもすべて一緒です。

 

郷に入っては郷に従えという言葉があるように、トイレに関してはフィリピンでの共通

ルールだと理解して頂いて、実践してみましょう。

 

帰国をする頃には慣れていると思います。それにより、語学留学後、アジアへ旅行をする

際には、フィリピンと同じようにゴミ箱へトイレットペーパーを捨てる国はまだまだ

あるので、違和感なく、慣れることができると思います。

 

insta始めました!宜しければフォローお願いします!

https://www.instagram.com/info.phil.joho/?hl=ja


トップページ » フィリピン生活情報 » ちょっと違うぞ!?フィリピンでのトイレの使い方

PAGE TOP