フィリピン留学中の洗濯事情

よくある質問の1つに「フィリピン留学中の洗濯はどうしますか?」という内容が

あります。

 

洗濯に関しては語学学校によりルールは様々です。

 

■無料で学校側がサービス(週当たりの回数は限定)

多くの語学学校では洗濯を週に2回・3回(学校により回数は異なる)無料で

サービスしている学校が大半です。ルールとして下着も一緒に出してもいい、

下着は各自で手洗いでというルールを設けている学校もあります。

注意点は、自分が気に入っている服、高価な衣類は出さない方がいい、つまりは

自分で手洗いする、学校の近くにもクリーニング屋さんがあるケースが多いため、

そのクリーニング屋へ依頼をするというのがお薦めです。

 

また、多くの留学生の洗濯を一気に行うため、今は、あまり見られなくなりましたが、

紛失というケースも稀にあります。

 

つまりは、高価な衣類は持参しない方がベターです。

 

■学校内に洗濯機を設置し各自行う

あまり多くはありませんが、最近増えてきているケースです。学校内に洗濯機を

設置し、各自洗濯、そして各自、洗濯後に指定の場所へ干すという事です。良い点は

紛失することがまずないという事です。しかし、問題点もあり、洗濯機の数はそれほど

多くはありませんので、洗濯をする時間を見つけにくいという事です。

 

■有料で学校が外部委託をする

このケースも最近増えてまいりました。有料(例えば1キロで80円程度)で学校側が

外部へ委託をして洗濯を行うという事です。外部とはクリーニング屋であるケースが多いです。

この場合のメリットは外部へ委託するという事で紛失が少ない、多少高い服を出しても

丁寧に洗濯をして下さるという事です。

 

もし、自身でクリーニング屋へ出したいという場合には、それも可能です。フィリピンには

かなり奥の場所に多くのクリーニング屋があります。1キロで70~80円が相場です。もっと

安いクリーニング屋もあります。これであれば、好きな時に出すこともできますし、好きな時に

受け取ることが可能です。


トップページ » フィリピン生活情報 » フィリピン留学中の洗濯事情

PAGE TOP